幸楽苑が「紙報告」+「FAX」 による伝言ゲームから脱却し、報告業務をクラウド化

店舗テック。幸楽苑が、従来の「紙報告」+「FAX」 による伝言ゲームから脱却し、報告業務をクラウド化
店舗テック。幸楽苑が、従来の「紙報告」+「FAX」 による伝言ゲームから脱却し、報告業務をクラウド化
株式会社幸楽苑ホールディングス。福島県郡山市に本部を置き、らーめん店「幸楽苑」の国内及び海外におけるチェーン展開を行っております。
URL: https://www.kourakuen.co.jp/

大手ラーメンチェーン幸楽苑様の全店舗にcyzenを導入頂いております。

cyzen 導入前の課題
・エリアマネージャーによる複数店舗管理の負担増

エリアマネージャーが1人で各店舗を回り、店舗のキャンペーン実施状況や、清掃状況などをチェックしていたため、1人あたりの業務負荷が増大していた。

・電話機やFAXでの本部と店舗のやりとりによる伝達ロス

エリアマネージャーがチェックしたことを、電話やFAXで本部に報告するというフローになっており、うまく情報が共有されていなかった。

 

 

「cyzen」導入の背景

幸楽苑では、以前からエリアマネージャー(スーパーバイザー)の負担増が問題になっておりました。

飲食店における従来型のチェーンストアマネジメント手法は、本社(本部)が店舗管理をする上で、“複数の店長を統括するエリアマネージャー(スーパーバイザー)が、個別に直接コミュニケーションを取りながらサービスを向上させる”という前提によって、店舗陳列管理やキャンペーン管理、商品の受発注業務、アルバイトスタッフの教育業務、エリア調査等の業務プロセスが構築されていました。

働き方改革が叫ばれる昨今、電話とFAXを前提にした従来のコミュニケーションの方法では働くスタッフのワークライフバランスを改善することができないため、スタッフの負担を減らすようなITサービス導入を検討していました。
 

「cyzen」の活用方法

「cyzen」により、スマートフォンを使って店長と本社を直接リレーションできるようにする業務プロセスを構築することができるため、従来型のチェーンストアマネジメント手法から脱却することが可能になります。

cyzenでは写真付きの報告書をスマホアプリで簡単に共有することができ、従来は紙で行っていた報告業務をスマホ1つで終わらせることができます。
アプリで行った報告はクラウド上に保存されているので、過去の情報や、他の店舗の情報を簡単に参照することができます。

また、cyzenにはチャット機能も付いているため、店長と本部が直接連絡を取ることができ、地域限定メニューの発案など店舗独自の施策を迅速に行えるようになります。

これにより、現場の声をサービスにリアルタイムに反映することができ、顧客満足度の向上と、現場スタッフのモチベーションアップの両方が期待されます。

店舗テック。幸楽苑が、従来の「紙報告」+「FAX」 による伝言ゲームから脱却し、報告業務をクラウド化

・メニューの差し替え・POPの配置・のぼり旗の設置といった施策の報告
・衛生管理状況や駐車場の混雑状況の報告
・開店前・閉店後のチェックの完了報告
・在庫のデータもクラウド上に集約し、業務効率化

幸楽苑は、もっともお客様の近くにいる現場スタッフの業務軽減によるワークライフバランスの実現と、それに伴い、良いサービスを提供することで顧客満足度の向上を期待しています。

導入事例集ダウンロード

他の事例を見る
新規CTA

ご不明な点はお問い合わせください

0120-61-7799

お問い合わせ