企業において、現場や組織、チームを統括する人をマネージャーと呼び、彼らは、管理する組織をマネジメントします。このマネジメントこそが、組織や業務が成功するかどうかのカギを握っています。

今回は、マネジメントとマネージャーの定義に加え、マネージャーとして求められる資質を解説します。

マネージャーの定義は組織を円滑にすること

「マネジメント」という言葉を直訳すると「経営や運営について、組織だって管理すること」という意味になります。つまりマネジメントは「運営や経営を管理すること」という意味で、その管理をする人が「マネージャー」です。

組織としての成功を導くのがマネージャーの仕事ですが、簡単な言葉に言い換えるとするならば、「組織を円滑にすること」がマネージャーの仕事だということができます。

マネジメントにはお金の管理も含まれていますが、お金の管理だけに目を向けていれば、組織はうまくいくわけではありません。利益を出すのは「人間」です。その人間を管理しない限り利益は出ませんし、組織も崩壊していってしまいます。

だからこそマネジメントは重要で、人材育成をはじめとした「人材管理」に注力することが組織成功への第一歩につながるのです。

マネージャーとリーダーの違い

次にマネージャーとリーダーの違いについて説明してきたいと思います。「マネージャー」と「リーダー」似ている二つの役割ですが、実は中身は似て非なるものなのです。

それぞれの役割を比べてみると、リーダーというのは「自らが先頭に立ち、組織を引っ張っていく」という役割で、マネージャーには「組織の人間の一人一人が最大のパフォーマンスを発揮できるように、影でサポートする」という役割があります。

こうして見てみると、リーダーは自らが組織を支えて行き、マネージャーは組織の人間を支えることで組織を支えていると考えることができそうです。

マネージャーとリーダーにはそれぞれ役割があります。

リーダーは組織に必要不可欠な存在だということです。リーダーは組織をひっぱり、マネージャーは影で組織を動かすといった構図を覚えておきましょう。

マネージャーに必要な2つの資質

次にご紹介するのが「マネージャーに必要な資質」についてです。どのような人がマネージャーに向いているのか、そしてマネージャーになるための資質とはどのようなものなのかを知っておきましょう。

データを元に素早い判断ができる

当たり前のことですが、組織を管理することは並大抵のスキルではこなすことはできません。マネジメントをする上でよく要求されるのが、この「データを元に素早い判断ができる」という資質です。まず一つ目のポイントとして「データを元に」というのがかなり重要です。人間はどうしても自分自身の考えを貫きたいと考えるものです。しかし完璧な人間などいません。

どんなに優秀な人間でも必ず失敗することはあります。だからこそ「データを元に」物事と向き合う力が要求されるというわけです。

そして二つ目のポイントとして、マネジメントにおいて「素早い判断」をすることは重要です。なかなかイメージがつきにくいかもしれませんが、企業間の競争はスピードが重要です。「素早い判断」というのは決して適当にマネジメントを行うことではなく、組織の命運をかけた判断を1秒でも早く行うという意味で重要になります。

常に現状の課題と対策を考えることができる

組織を運営していくうえで、一切問題が起きないなんてことはまずありえません。だからこそマネージャーは現状の課題に常に目を光らせておく必要があります。

例えばある組織で問題が発生したとします。その時は、現場の人間でなんとか問題は解決することができたとします。ところがその1ヶ月後にまた同じ問題が発生してしまうと現場だけの問題ではありません。マネージャーの管理不足となります。もし、最初に問題が起きた段階で、マネージャーがマネジメントを行なっていたら同じような問題が再発することも防げたはずです。

このようにマネジメントというのは、経営や運営以外の課題に関することもマネジメントをすることが求められます。

マネージャーとして要求される3つの立ち振る舞い

最後にご紹介するのが「マネージャーとしての立ち振る舞い」についてです。優れたマネージャーになるためにはどのように立ち振る舞えばいいのか、そしてマネージャーにはどのようなことが要求されるのかを見ていきましょう。

人材育成に重きを置くことができる

冒頭でも触れた通り、組織の運営・成長に「人材育成」はかなり重要に結びついてきます。優秀な人ほど自分の腕を過信し、部下の手を借りず全ての業務を自分で片付けようとします。チームワークの話にも通じますがワンマン主義は組織を崩壊へと導きます。

チームを崩壊させないためにもマネージャーとして求められるのは、「人材育成は長い目でみると効率的かつ組織を成功へ導く」という考えです。たしかに何も仕事ができない人に時間をかけて仕事を教えるのは効率が悪いです。自分の仕事をやる時間がなくなる上に、作業全体がストップしてしまいます。

しかしそれは初めのうちだけで、もし新人が仕事を覚えてくれれば自分の作業を任せられ作業全体のスピードもアップします。
マネージャーは人材育成に重きを置き、組織全体の効率アップを目指していくのも仕事の一つということです。

コミュニケーション能力は必須

マネージャーは組織をマネジメントするのが仕事ですが、仕事をする相手は人間です。「マネージャーを目指したい」という人がコミュニケーション能力ゼロでは業務が円滑に進みません。マネジメントにおいてどのような場面でコミュニケーション能力が必要になるのか例を挙げてみましょう。

マネジメントにおいて、よくコミュニケーション能力が問われる場面というのが「何かを依頼されるとき」です。

例えば依頼者から「我が社の経営が危機に瀕している。どうにかして欲しい」と依頼されたとしましょう。実はこのような場面でコミュニケーション能力の有無が物をいうのです。例えばマネージャーにコミュニケーション能力があった場合、この場面では「この依頼者は今〇〇な気持ちだな。△△な提案をしてみればきっと受け入れてくれるのではないだろうか」といったように相手の気持ちを推測し、相手に合わせた最高のマネジメントを提案することができます。

相手の気持ちを汲み取り相手の気持ちに沿った行動ができることが、本当のコミュニケーション能力といえます。

この能力を身につけるためにも、日頃から誰がどのような資質か、どのような性格といったことをコミュニケーションの中から探っておきましょう。

マネジメントに関する知識は必ず必要になる

コミュニケ―ション能力や人材育成に関する考えに加え、マネージャーに求められるのは深い「知識」です。どの仕事にも共通して言えることですが、どんなに優れた人格の持ち主でも、「知識」が欠けていては仕事になりませんし、知識があるからこそ見えてくることもあることでしょう。
部下やチームのメンバーが、業務の進め方がわからない場合、当然マネージャーに質問がいきます。部下らにしてみれば、この人を頼ればなんとかなるという考えです。ですが、当のマネージャーが知識不足で、的確な指示が出せないと、信頼も落ちてしまいます。

そのため、常に向上心をもって、勉強し続けることは、優れたマネージャーへの第1歩であるといえます。

マネジメントに必要な能力は経験と努力で養われていく

仕事をしたことがある人なら誰しもが、入社当初に自分を教育してくれたマネージャーがいたはずです。彼らも一朝一夕でマネージャーになったわけではありません。
先輩や、そのまた先輩の技術や振る舞いを盗み、マネジメント能力を養ってきているのです。
マネージャーという肩書きに尻込みするのではなく、常日頃から組織のあり方について考えることで、上司からも部下からも信頼されるマネージャーに近づけます。

横溝 龍太郎

この記事の監修者

横溝 龍太郎 レッドフォックス株式会社 COO

本コラムは、ビジネスパーソンを「働くを、もっと楽しく」するためのアイディアの情報発信しています。
ちょっとした、日々の仕事のヒントになれば幸いです。

働くを、もっと楽しく。
営業支援ツール導入をご検討の方、お気軽にお問い合わせください!

0120-61-7799
営業時間 9:00〜18:00 (年末年始・土日・祝祭日を除く)