B2BのWebマーケターの目的は、自社Web経由でのインバウンド客を獲得することである。Webマーケターの目的や役割についての詳細は、B2BWebマーケターのための集客術にある。

本記事では、Webマーケターが自社Webサイトの問題点を発見するために、Google Analyticsのどのポイントを見るべきか記述する。

目次

1.どれくらいのユーザーがアクセスしているか

まずは、Google アナリティクスで参照しなくてはならない項目は、セッション数、ページビュー数、そしてユーザー数である。これらは、グーグルアナリティクスの「ユーザーサマリー」のページで確認できる。

1-1 セッション数
1-2 ページビュー数
1-3 ユーザー数

1-1セッション数

「セッション」とは、サイトの訪問数である。例えば、期間を1か月に設定した場合は、1か月の訪問数がセッション数となる。週ごと、日ごとの訪問数も閲覧できる。

1-2 ページビュー数

「ページビュー」とは、そのサイトの閲覧ページの総数である。つまり、1セッションで3つのページを見た場合は、セッション数1でページビュー3となる。これは、ユーザーがどの程度自社webサイトのコンテンツに興味関心があり、行動を起こしたかについて確認できる指標である。自社のオウンドメディア等を持っている場合にページの貢献度を見る指標として活用できる。

1-3ユーザー数

サイト訪問者の人数である。1ユーザーが、3回サイトを閲覧した場合は、ユーザーは1であるが、セッションは3となる。
Webマーケターは、グーグルアナリティクスの「ユーザーサマリー」のページのグラフで、セッション数ページビュー数ユーザー数、これら3つの数字をチェックすることから始めると良いだろう。

2. サイトの情報は充実した良質なコンテンツとして認められているか

次に、訪問したユーザーに対して、サイト情報として良質なコンテンツが提供できているかどうかの診断を行う。これは、グーグルアナリティクスの「ユーザーサマリー」のページグラフの中で、直帰率を確認すればわかる。

2-1直帰率
2-2サイトコンテンツ

2-1直帰率

直帰率とは、ユーザーの中で1ページを見て他のページに遷移すること無く、離脱した行動を指す。つまり全体セッション数の内何%が直帰したかという数字を表す。例えば、キーワード広告やdisplay広告など、広告運用をした場合にも、この直帰率は指標となる。キーワードとページ構成がうまくいっていなければ、明らかに直帰率はあがる。

2-2サイトコンテンツ

それでは、直帰しないユーザーは2ページ目以降にどのページを見ているか?
これは、「行動」の「サイトコンテンツ」の中にある、「すべてのページ」で確認することができる。
このページで、「ページ別訪問数」が多い順に並べ変えることで、どのページをユーザーが見ているコンテンツなのか確認することができる。

ページ別訪問数で自社のどのページの訪問数が高いのかを確認し、その理由を深堀することで、改善点をみつけることができる。

行動レポートで、例えば自社オウンドメディアが全体ページビューの中でどの程度見られているか?などページのセグメントごとに自社webページを分析することで改善点を探っていくことが重要である。

3.サイトへの訪問者はどこからきているか。

ユーザーがどのように自社サイトへ訪問して来ているのか、集客のチャネルを調べる。

3-1 集客>すべてのトラフィック>チャネル
3-2 用語の説明

3-1 集客>すべてのトラフィック>チャネル

ここに、様々な英単語が並んでおり混乱するだろうが、のちほど意味は説明する。まずは自社でどのチャネルからのセッションが多いのかを確認することから始めよう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-20-35-21

3-2 用語の説明

ここでは用語を説明する。意味を正しく理解し、以下のどのチャネルからの訪問が課題なのか、どこのチャネルを増やしたいのか?そのチャネルを増やすためには、どのような戦術が必要なのかチャネル戦略を構築することが重要である。

・Organic Search
自然検索訪問。Googleなどのサイトで自社サイトを検索し、流入。一般的に直帰率が低い流入である。

・Direct
直接URLを入力した訪問。

・Referral
他のサイトのリンクをクリックした訪問。プレスリリースサービス等を使っていると自社のリンクページによって流入されるケースがある。

・Paid Search
リスティング広告からの訪問。検索した後の文字広告をクリックして流入。

・Social
Facebook、TwitterなどのSNS経由の訪問。

・Other
その他からの訪問。計測不能等。

4.不要なトラフィックを無くすために導入前に必ず設定しておきたいGoogleアナリティクスのフィルタ設定

不要なトラフィックが混じっていると、自社サイトの計測を正しく行うことができない。ここでは、代表的な不要な流入を紹介する。

4-1 特定IPからのアクセス
4-2 リファラスパム

4-1 特定IPからのアクセス

自社社員からのアクセスは、コンバージョンしないためCVRが下がるなどの弊害がある。課題を読み違える可能性が高いので、除外する。
Googleアナリティクス>管理>フィルタの順にクリックする。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-17-31-03

4-2 リファラスパム

Googleアナリティクスの参照元URLで見慣れないURLから自社サイトへ大量にアクセスしている形跡がある場合がある。これらはリファラ―スパムと呼ばれ、参照元URLのリストからサイト運営者を呼び込もうとするスパムである。これらも除外することをお勧めする。
理由も無く急にセッション数が増えていたりした場合は、喜んでいる場合ではない。まずはこれを疑ってみる。

4-2-1 リファラ―スパムまとめサイト

http://matome.naver.jp/odai/2142138671904593001

4-2-2 怪しげなドメインをチェックするサイト

https://www.aguse.jp/

4-2-3 Google analyticsの設定

①グーグルアナリティクスにログインする
②[アナリティクス管理] からフィルタを選択

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-17-48-01

③フィルタを追加:フィルタ名は任意
④フィルタの種類: [カスタム]
⑤フィルタフィールド:IPアドレスやページタイトル、国や地域、言語でフィルタする場合は任意のフィールドを選択
⑥フィルタパターン:フィルタしたい参照元や文字列を入力
⑦[保存]ボタンを押す

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-17-41-01

5.まとめ

いかがであっただろうか?ここでは、グーグルアナリティクスの基本的な使い方から、アクセスの基本的な解析項目、不要なアクセスの排除方法までを説明した。難解な用語も多く、ページ遷移も慣れるまでは複雑に感じるだろう。しかし無料で自社webサイトを解析するためにはとてもいいツールである。

自社サイトのセッション数向上は目標のひとつだが、リファラスパムなど不要なアクセスが増える弊害は避けなくてはならない。アクセス解析を正しく行うためにも、まずはここで述べた基本内容を確認することをお勧めする。


ー 動き方が変わる ー
30日間の無料トライアルはこちら