「顧客情報」は厳重に管理しなければいけないと事項として流出など扱いに非常に気を付けなければいけません。

顧客情報を管理する場合に注意すべきことはあるもの、その一方で顧客情報は営業で活用できる貴重な資料です。

本記事では、業務効率改善にも繋がり、持ち運び可能なiPadでも顧客管理できる方法を紹介します。

顧客管理とは?

顧客管理とはLTV(ライフタイムバリュー)を最大化するためのマネジメント手法の1つです。

顧客管理は顧客関係管理や顧客管理情報などとも呼ばれており、世の中にはあらゆる商品、人によってそれぞれが求めるニーズが異なります。

「どの商品をどのような人が購入しているのか」という情報は、今後の新規顧客を獲得する上で傾向などを知る為の貴重なデータとなります。

管理すべき項目は商品の社名や連絡先だけでなく利用履歴まで

顧客情報を管理する際に注意すべきポイントは項目を多くし過ぎないことです。

管理すべき項目はB to BやB to Cで少し異なります。
一般的には顧客管理で管理する項目は名前や(会社名)連絡先のような属性だけを管理すると思われがちですが、それだけではなく商品やサービスの利用履歴や売上金額のようなマーケティング面で活用できる情報も管理する必要があります。

管理項目が多すぎると入力に時間がかかり効率的ではないため、顧客管理はマーケティングで活用するということを意識し、必要な項目と不要な項目の選別が必要です。

また、管理項目は文章のような営業担当ごとに出来が異なるようなものではなく、選択式のように誰が営業担当でも同じ出来になるような管理の仕方だと共有しやすく管理表などの理解速度も早まります。

管理する際の注意点はセキュリティ

顧客管理する際の注意点はセキュリティ面であり、PCやスマートフォン、タブレット端末やクラウドなど管理方法は様々ですが、情報セキュリティは気を付けなければいけません。

サイバー攻撃は情報化社会である限りなくなることはなく、被害を受ける企業も数多く存在します。

もし、顧客情報を流出してしまえば顧客先に迷惑をかけるだけでなく、社会的信用を失うことにもなるので、顧客情報にはお金のような明確な価値はありませんが、お金以上に慎重に管理することが大切です。

外出先で管理できるメリット

外出先でも顧客情報を管理できるメリットは業務効率の改善やリアルタイムで共有できることです。

人材不足による営業マン不足を補える

プレーイングマネージャーとは現場で活動するプレイヤーと管理する立場であるマネージャーを兼ね備えた立場の人を指します。

近年、プレイングマネージャーが増えている背景には人材不足が関係しており、昔は現場で活動する営業マンと営業マンを管理するマネージャーが、一人二役担うことはありませんでした。

しかし、少子高齢化による人材不足は深刻で、本来年齢的に管理職として雇用したい人物がいても売上を落とすわけにはいかないため、営業マンと管理職の二面性を持った人材が必要とされるようになりました。

また、若者の離職や転職が多く、なかなか営業マンが育たないということも影響しています。
顧客管理が外出先で管理できれば部下の営業状況を確認することはもちろん、自身の営業先の顧客管理も一緒に行うことが可能になり、プレイングマネージャーの業務負担の軽減につながるでしょう。

リアルタイムで顧客の動きを把握できる

外出先で管理できるメリットとしてリアルタイムで顧客情報を管理できることは効率面からみても大きな要素となります。

Excelなどで管理する場合、全員がその場で共有することは難しいですが、iPadで顧客管理システムを導入していればリアルタイムで顧客情報を共有することができます。

また、PCのExcelで管理すると、顧客先の情報を自社に戻ってから入力することになり、効率的ではありません。

リアルタイムで顧客の動きが把握できるということは営業状況を可視化できるようになり、業務効率の改善に繋がります。

タブレットで使用できる顧客管理システム

タブレットでも使用できる顧客管理システムには、顧客管理システム(CRM)だけでなく、営業支援システム(SFA)が備わっている便利なアプリであり、iPadはもちろん、スマートフォンでも使用できます。

iPadやタブレットを使用して顧客管理を行い業務効率の改善を

経営をするうえで必ず関わってくる顧客管理ですが、大切な業務である一方で入力の手間や共有などの不便でその他業務に支障が出てしまうこともあります。

これらを解決するためにも顧客管理システムを導入させたいと考えている企業は、専用ツールを活用して、業務の効率化をはかりましょう。

タブレットも携帯でも!わかりやすく顧客管理が出来るcyzenがおすすめです。

cyzenアプリなら携帯端末から簡単に顧客管理情報をチェックすることが出来ます。
地図と顧客管理が連動しているため、外出していても近所のクライアント情報が一目でわかります。
詳しい機能などはこちらからご紹介しています。

横溝 龍太郎

この記事の監修者

横溝 龍太郎 レッドフォックス株式会社 COO

本コラムは、ビジネスパーソンを「働くを、もっと楽しく」するためのアイディアの情報発信しています。
ちょっとした、日々の仕事のヒントになれば幸いです。

働くを、もっと楽しく。
営業支援ツール導入をご検討の方、お気軽にお問い合わせください!

0120-61-7799
営業時間 9:00〜18:00 (年末年始・土日・祝祭日を除く)