部下育成は企業の大切なミッション!成功させる重要なポイントを紹介

部下育成は企業の大切なミッション!成功させる重要なポイントを紹介

部下の育成を大切な課題として捉え、熱心に取り組む企業が増えました。しっかり成長してくれる部下が多いと、生産性の向上や経営の存続を見込みやすくなります。ただし、やみくもに指導するだけでは期待どおりに育ってくれるとは限りません。この記事では、部下の育成を成功させるために必要となるポイントを紹介します。

1.育成の基本はコミュニケーションにあり!

効果的な育成を行うには、部下の情報を正しく把握しなければなりません。誰にでも画一的な指導をするのではなく、長所や短所、価値観といった各人の個性を考慮することが大事だからです。そのような情報を得るには、コミュニケーションを十分にとる必要があります。コミュニケーションをとるときは、部下の話をよく聴くように心がけましょう。途中でアドバイスをしたくなっても、一通り話し終わるまで我慢します。そうすると、部下はしっかり耳を傾けてくれるという認識を持ち、自分の考えや意見を積極的に述べるようになりやすいです。情報の入手量が増えることによって部下に対する理解度が深まるので、本人が気付いていない才能を発見できるような場合もあります。

2.目標を設定しよう!実績や業務の様子を考慮

育成において、目標を設定しておくことはとても重要です。どのような目標を立てると成長につながるのか検討しましょう。その際、部下の実績や業務に取り組む様子をチェックすると参考になります。たとえば、実績から今後のポジションを予想できる場合もあるでしょう。そのポジションで求められる資質の習得を目標にするのも一つの手です。また、業務の中で特に時間がかかっている作業があれば、効率化に役立つスキルを身に付けることも目標にできます。このように、将来のための準備や苦手なことの克服など、さまざまな観点から目標の設定は可能です。期首などの面談で目標と設定理由を部下に伝え、お互いが納得したうえで目指せる状況を作りましょう。

3.部下の成長を促すには仕事の割り振りも大事!

育成とは、面と向かって教育することだけを指すのではありません。日々の仕事を通じて学んでいくことも多くあるのです。そのため、仕事の割り振りも育成に関わる大事な要素に他なりません。うまく割り振れば、部下のモチベーションを高めることで、成長のスピードを上げられます。設定した目標を踏まえたうえで、できるだけ部下の興味のある仕事や能力を発揮できる仕事を任せましょう。ただし、希望や現状を考慮するだけでなく、長期的な視点で割り振ることも忘れてはいけません。本人は気乗りがしなくても、今後のために経験しておいたほうが良い仕事などもあるからです。その場合、前向きに担当できるように仕事を任せる意図をしっかり説明しましょう。

4.部下のやる気アップのためにしっかり褒めよう!

自分の成長を実感できると、より意欲的に目標を目指せるようになります。しかし、学校のように頻繁にテストを行うわけでもないので、なかなか実感する機会に恵まれない職場もあるでしょう。したがって、部下の成長がうかがえたら上司がそのタイミングで十分に褒めることが大切です。そうすると、本人は成長を実感するとともに、認められた気がして自尊心が満たされた状態になります。抽象的な言葉で大雑把に話すのではなく、具体的な事実を細かく挙げながら褒めるのがコツです。これにより、いつも期待して部下を見ているということを伝えられます。上司に気にかけてもらっていることを嬉しく思い、やる気が湧き起こった状態になる部下も多いでしょう。

5.育成するために持っておきたいマインド!何を意識すれば良い?

育成を担当する上司の心がまえも、部下の成長に大きな影響を与えます。以下に挙げる4つのポイントは非常に重要であるため、強く意識しておくのが望ましいです。

ポイント①ポジティブな姿勢を維持

自覚がなくても、上司の気持ちや考え方は言動の端々から部下に伝染するものです。上司がポジティブな姿勢を忘れなければ、部下も前向きな気持ちを保ちやすくなり、成長を加速させることにつながります。

ポイント②愚痴をこぼすのは禁止

部下に愚痴をこぼしてはいけません。たいていの場合、聞かされた側はモチベーションが下がってしまいます。部下に成長が見られないなど不満に思っていることがあるなら、愚痴ではなく改善策を考えて伝えるようにしましょう。

ポイント③話しかけやすい雰囲気づくり

上司は部下の育成以外にも多くの仕事を抱えています。忙しい中でも、できるだけ話しかけやすい雰囲気をつくって、部下が相談や報告に来られるように努めましょう。こまめに話して、成長の進捗を確かめることはとても重要です。

ポイント④マネジメントについて学習

管理職に必要なマネジメントについて勉強することも大事です。部下の管理もマネジメントの業務の一つであり、ノウハウに関する書籍やセミナーもたくさんあります。育成の参考になるので日々学ぼうとする気持ちを持ちましょう。

6.部下育成を効率的に成功させるための工夫をしよう

部下の育成には重要なポイントが多くあります。それらを効率的に実践できるように、便利なツールを活用するのも一つの手です。cyzenは育成に有効な機能をたくさん備えています。

cyzenでは個人間のチャットはもちろん、グループを作成して複数人でメッセージのやり取りをすることが可能です。リアルタイムでコミュニケーションを取ることで、チームの連携を深めるのに役立ちます。業務報告書や行動の記録の共有にも有効です。出先でもスマホ で業務報告書を作成し、すぐにチームで共有していつでも確認することができます。また、営業の活動記録は地図上にインプットすることができるので、行動データを集計や分析用にファイルとして取り出すことも可能です。

cyzenのこれらの機能をうまく活用することで、育成が成功する可能性を高められるでしょう。

横溝 龍太郎 レッドフォックス株式会社 COO

この記事の監修者

横溝 龍太郎 レッドフォックス株式会社 COO

本コラムでは、ビジネスパーソンを「働くを、もっと楽しく」するためのアイディアの情報発信しています。
この記事が、日々のビジネス活動の手助けになれば幸いです!

併せて読みたい

スタートアップの取締役の私がオススメする チーム力アップ10の技術
スタートアップの取締役の私がオススメする チーム力アップ10の技術
営業マンのサボりを撲滅するために上司が知っておきたい全知識
営業マンのサボりを撲滅するために上司が知っておきたい全知識
働くを、もっと楽しく。
営業支援ツール導入をご検討の方、お気軽にお問い合わせください!

0120-61-7799 営業時間 9:00〜18:00 (年末年始・土日・祝祭日を除く)

営業支援ツール導入に 迷われている方はこちら