「業務の効率化のため営業支援ツールというものを使ってみたいけれど、導入予算が取れない。
無料で使えるツールはないだろうか?」

そんな悩みを抱いているセールスパーソンも多いのではないでしょうか。

営業活動に関わる煩雑な業務を、コストをかけずに営業支援ツールに任せることができれば嬉しいですよね。

そこでこの記事では、「無料で使える営業支援ツール14選」と「無料ツールの選び方」についてご紹介していきます。
(「どんなツールが使われているのか、今すぐ知りたい!」という場合は、「【利用目的別】無料で使える営業支援ツールおすすめ14選」でツール一覧をご覧ください!)

ビジネスの現場で役立つ利用料フリーの営業支援ツールが各種リリースされていて、実際に多くの企業で活用されていて、無料とはいえ機能もさまざま。

◼️顧客情報や連絡履歴、取引履歴などのデータを一元管理できる
◼️案件やタスク、プロジェクトなどの進捗状況、スケジュールを管理し、随時通知してくれる
◼️日報や見積書、提案書などの各種文書を簡単に作成できる
◼️さまざまなデータを集積・分析してレポート化、ベストな営業計画を立てられる

など、営業分野の煩雑な業務を自動化することができます。
これらをうまく利用することで、コストゼロで業務のスリム化・効率化が可能なのです。

この記事を読んで、ぜひあなたの会社の業務にピッタリ合った無料ツールを見つけてください。
上手にツールを活用して、もっと効率的で成果の上がる営業活動に改善していきましょう!

営業支援ツール(SFA)はこんなに便利!

営業支援ツールを使うことで、顧客情報や取引履歴などのデータ管理や、スケジュールや活動の管理、各種文書作成など、煩雑な業務を自動化・効率化することができます。

具体的にはどんな業務が自動化できるのか、営業業務のフェーズに沿って図にまとめてみました。
以下を見てください。

【営業フェーズ 3段階】
MA(マーケティングオートメーション)
⇒ 見込み客の獲得から選別までを自動化・サポートします。
SFA(セールスフォースオートメーション)
⇒ 主に、実際の営業活動のスタートから受注・顧客化までを自動化・サポートします。
CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)
⇒ 主に、受注から顧客化以降をサポートします。

営業マンにとって業務の重心は「SFA」部分にありますので、「営業支援ツール=SFAツール」と表現されることもよくあります。

これらの煩雑な業務をツールに任せて自動化すれば、時間も人的リソースもスリム化・効率化され、営業マンが顧客対応などの営業活動により集中できるようになるというわけです。

無料で使える営業支援ツール選びのポイント

無料で使える営業支援ツールの中にも、ビジネスユースに十分対応できるものがいくつかリリースされており、実際に活用している企業もたくさんあります。

あなたの会社の業務にも役立つツールがきっとありますので、最適なものを選びましょう。

「どうやって選べばいいの?」は、この章で「無料ツール選びのポイント」を挙げていきますので参照してください。

また、「選び方よりもどんなツールがあるのかすぐ知りたい」という人は、「【利用目的別】無料で使える営業支援ツールおすすめ14選」で機能などを説明していますので、そちらを見てください。

自社の業務に十分な機能があるか

ツール導入に際してまず最初にチェックすべきなのは、「どんな機能があるか」です。

前掲の図を参照しながら「自社の業務で自動化したい・できるのはどの業務か」を洗い出し、それに合ったツールを選んでください。

どんなに多機能のツールを選んだとしても、「一番重要なメールマガジン配信機能がない」などということになれば、そのためにまた別のツールを利用しなければならず、非効率的だからです。

ただ無料ツールの中には、有料ツールに比べて機能が少ないものもあります。
自社の求める機能が1つのツールにすべて備わっているものは、多くは見つからないかもしれません。

もし少ない候補しかなくても、必要な機能がなるべく満たされているツールを選んでください。

画面デザインやデータ入出力方法などは使いやすいか

次に重要なのが、画面デザインやデータの入力・出力方法など「操作性は使いやすくできているか」です。

便利なツールを導入しても、

「画面のレイアウトが使いづらい」
「複数のデータを同時に見られないので不便」

など、使い勝手に不満があれば長続きはしないでしょう。

操作ストレスがあると、せっかくの便利な道具も使わなくなってしまうものです。

そこで、実際の業務フローに沿ってツールを使用するシミュレーションをおすすめします。

無料ツールなら利用にコストはかかりませんから、複数のツールをテストしてみて、もっとも使いやすいものを選択しましょう。

◼️PCやスマートフォン、タブレットなどで利用する際の画面のデザイン、レイアウト
◼️データ入力・出力のしかた

などに過不足や不便がないか、検証してみてください。

モバイル(スマホ)利用できるか

フィールドセールスを行なっている企業であれば、必ず「スマートフォンやタブレットなどでのモバイル利用ができるか」も確認しましょう。

もしモバイル対応していないツールであれば、外出先で、

「次に向かう顧客の過去の取引データが知りたい」
「地図上で今いる場所の近くにある顧客を一斉に表示して閲覧したい」

といった希望が生じても、対応できないからです。

モバイル対応ツールであれば、いつでもどこでも必要なデータにアクセスすることができるので、顧客データの参照はもちろん、

◎持参していない資料やデータをツールから閲覧する
◎見積書や日報などを外出先で作成する

などが可能なものもあり、とても便利ですよね。

無料ツールの中にも、モバイル対応しているものは多数あります。
特にスマホ画面での見やすさ、使いやすさをチェックしてみてください。

ただし、「うちは電話営業のみで、訪問営業はほとんどない」という営業スタイルの会社であれば、PC対応のみでもよいでしょう。

ユーザー数の上限はあるか

無料ツールの中には、「利用するユーザー◯人までは無料だが、それ以上の人数で使用する場合は有料」と人数制限を設けているものがあるので、「ユーザー数の上限」も確認が必要です。

例えば10人のチームで気に入ったツールを見つけられても、「3人まで利用無料」という条件があれば、結局有料利用になってしまうからです。

ただ、この人数制限を自社サイト上にわかりやすく明記しているベンダーと、ツール紹介ページを細かく見てみないとわからないベンダーがありますので、これと決めたツールの説明文は熟読してください。
その上で、自社のチームメンバー数をカバーできるものを選びましょう。

有料プランに移行できるか

最後に確認したいのは、「有料プランに移行できるか」ということです。

無料で利用できるツールには、

◎完全に無料で利用できるもの
◎無料利用だと機能や人数が制限されるが、有料プランに移行すると人数や機能が拡張されるもの

があります。

例えば無料で利用してみた結果、
「とても便利だけれど、さらにデータ分析機能と日報作成機能も追加できるとより助かる」
など、具体的な要望が追加される可能性も考えられますよね。

そんな場合のために、有料プランがあるか、移行できるかを確認しておいてください。

ただし、「無料でなければ利用しない」という前提がある場合は、この可能性は検討しなくてもよいでしょう。

【利用目的別】無料で使える営業支援ツールおすすめ14選


では、いよいよ無料で利用できる営業支援ツールを具体的に紹介していきましょう。

今回ピックアップしたのは以下の14種類です。
利用目的別に以下の4つにカテゴライズしました。

◼️顧客管理・案件管理:顧客データや連絡履歴、取引履歴、商談履歴などを記録、管理できます。
◼️プロジェクト管理・タスク管理:プロジェクトやタスクごとに進捗などを管理できます。
◼️名刺管理:名刺情報をデータ化、管理して営業に役立てます。
◼️その他

まずは機能を一覧表にまとめ、次に個別に特徴などを解説します。

顧客管理・案件管理

営業支援ツールの代表である、SFA・CRMを中心としたツールです。

Zoho CRM

 

出典:Zoho公式サイト
https://www.zoho.com/jp/crm/

【特徴】

  • 基本は有料ツールだが、3ユーザーまでは無料で基本機能を利用可能
  • 顧客管理、案件管理を中心に、タスク管理やスケジュール管理などもカバー
  • ページを使いやすいようにカスタマイズできる
  • 無料プランでもSFA・CRMに必要な基本機能が多く備わっている上に、有料プランの中にはAIによるデータ分析やアドバイスを受けられるものもある

Zoho CRM公式サイトはこちら

Sugar CRM

 

出典:Sugar CRM公式サイト
https://www.sugarcrm.com/

【特徴】

  • アメリカで開発された顧客関係管理(CRM)ソフト
  • 無償版と3種の有償版があり、無償版も世界中で広く使われている
  • 顧客管理、案件管理、活動管理といった基本的な機能はもちろん、キャンペーン管理やメールマーケティングなどのマーケティング管理分野などの機能も備わって汎用性に富む
  • 有償版は日報管理や契約管理機能などが追加、OutlookやExcelとの連携も可能になる

Sugar CRM公式サイトはこちら

vtiger CRM

 

出典:vtiger公式サイト
http://www.vtiger.com/

【特徴】

  • インドの企業が主導となって開発されたCRMソフト
  • オープンソース(ソースコード=プログラム言語によって書かれたプログラムが公開されている)なので、誰でも無償で自由に利用・改良できる
  • 日本語版も開発されていて、コミュニティサイト(http://www.vtigercrm.jp/)で無料ダウンロード、無料使用が可能
  • 顧客管理、案件管理を中心に、活動管理、プロジェクト管理、メール一斉送信など多岐にわたる機能が充実

vtiger公式サイトはこちら
日本語版がDLできるコミュニティサイトはこちら

アート

 

出典:アート公式サイト
https://amb-r-t.jp/

【特徴】

  • SFAよりも、CRM・MA・メール配信を中心にサポート
  • 見込み顧客段階からのMA(マーケティングオートメーション)機能とメール配信機能に優れる
  • 顧客満足度調査メールなどのメールマーケティングや、顧客の行動分析などをもとにしてニーズを細かくキャッチ、適切なタイミングで効果的なアプローチが可能
  • 無料プランの他に、有料プランも3種あります。

アート公式サイトはこちら

F-Revo CRM

 

出典:F-Revo CRM公式サイト
https://f-revocrm.jp/

【特徴】

  • オープンソース、ライセンスフリーのCRMツール
  • 社内で自力でダウンロード、インストール、セットアップしてできれば無料ですぐに導入できる(ただし、セットアップを外部に依頼したり、ベンダーのサポートサービスを受ける場合には、別途料金が発生するので要注意
  • 顧客管理、案件管理、活動管理、日報管理といった営業分野でのサポートだけでなく、
    ◎マーケティング:イベント管理、見込み客管理など
    ◎販売管理:在庫管理、受発注管理、見積書・請求書作成など
    ◎保守サポート:問い合わせ管理、プロジェクト管理など
    といったMA・SFA・CRMのすべてのフェーズに対応

F-Revo CRM公式サイトはこちら

FlexCRM

 

出典:FlexCRM公式サイト
https://flexcrm.jp/

【特徴】

  • クラウド型CRM・SFAツール
  • 顧客情報、購入履歴、対応履歴といった顧客管理だけでなく、
    ◎SFA:スケジュール管理、日報、案件管理、目標設定、行動計画サポートなど
    ◎マーケティング:メルマガ作成・配信、見込み客管理、イベント管理など
    ◎カスタマーサポート:顧客サポート、コールセンターなど
    などビジネスのすべてのフェーズで業務を自動化、サポートする

FlexCRM公式サイトはこちら

プロジェクト管理・タスク管理

顧客側の情報を管理するのとは別に、社内・部内のプロジェクトや個人のタスク、スケジュールなどを管理できるツールです。

Jooto

 

出典:Jooto公式サイト
https://www.jooto.com/

【特徴】

  • 画面操作は付箋を貼ったり剥がしたりする感覚のカンバン方式で使いやすい
  • プロジェクト管理に便利なガントチャート機能もあり
  • コミュニケーション機能や通知機能も備わっていてチーム内でのスムーズな進行に役立つ
  • 無料利用は4人まで、5人目以降は有料

Jooto公式サイトはこちら

Redmine

 

出典:Redmine公式サイト
http://redmine.jp/

【特徴】

  • オープンソースのプロジェクト管理ツール
  • タスクなどのやるべきことを「チケット」化して一覧やガントチャート、カレンダーなどに表示・管理する
  • 他にも活動管理、文書機能、掲示板機能などが利用可能

Redmine公式サイトはこちら

Trello

 

出典:Trello公式サイト
https://trello.com/ja

【特徴】

  • ボード上にワークフローを作成、タスクや情報などをカード化して管理する
  • シンプルでわかりやすい操作性で、世界中で利用されている
  • 営業、開発、マーケティングなどさまざまな業務で活用可能

Trello公式サイトはこちら

さいすけ2

出典:さいすけ2公式サイト
http://www.saysoftware.net/saisuke_i2/index-j.html

【特徴】

  • iPhone、iPad向けのスケジュール管理、タスク管理アプリ
  • 予定やタスクをテンプレートで簡単に登録
  • さいすけカレンダー、Googleカレンダー、Googleタスク、iOS/iCloudカレンダー、iOS/iCloudリマインダーとの同期共有が可能
  • 色やフォントサイズなど見やすくカスタマイズできる
  • スケジュールとメールなどを同時に一画面で表示できるマルチスクリーン対応

さいすけ2公式サイトはこちら

名刺管理

顧客や見込み顧客などの名刺を一括管理して、営業活動に役立てるためのツールです。

Eight

 

出典:Eight公式サイト
https://8card.net/

【特徴】

  • 名刺情報を軸に互いにつながるSNSアプリ
  • 名刺をスマホで撮影するだけで正確にデータ化
  • 名前や日付順で一覧表示したり、部署や役職などでも検索機能もあり
  • メール送信メッセージ送信も簡単
  • 相手が転職や昇進などで名刺を変更すると通知が届く

Eight公式サイトはこちら

その他

その他、上記3種に分類できないツールも紹介します。

NICE営業物語Smart3

 

出典:NICE営業物語Smart3公式サイト
https://www.systems.nakashima.co.jp/dutiessolution/niceeigyoumonogatari/smart3/

【特徴】

  • iOS対応の商談レポート作成機能つきスケジュールアプリ
  • 外出先での空き時間や移動時間に営業報告の作成やスケジュール管理ができる
  • 営業報告作成は項目選択式なので文字を直接入力する必要がなく、そのままメールでの送信したり、CSV出力も可能
  • 有料SFAツール「NICE営業物語」やLINEとの連携が可能でさらに便利に

NICE営業物語Smart3公式サイトはこちら

グルーフォース980

 

出典:グルーフォース980公式サイト
http://www.grooforce.com/jf980/

【特徴】

  • 本来は有料ツールだが、2IDまで無料で利用可能(それ以上は月額980円/人)
  • 営業マンが数名〜100名程度までの中小事業所向けSFAツール
  • スケジュール管理、顧客管理、案件管理、商材管理、レポート機能などSFA全般の機能が充実
  • BtoB、BtoCいずれにも使いやすい仕様

グルーフォース980公式サイトはこちら

ユビレジ

 

出典:ユビレジ公式サイト
https://ubiregi.com/

【特徴】

  • 小売店や飲食店向けの、iPad用POSレジ
  • レジ機能の他に、売上管理と分析、顧客管理、複数店舗管理、勤怠管理など店舗運営に必要な機能が充実
  • 有料プランにはメールサポートやレポート機能などが追加される

ユビレジ公式サイトはこちら

有料ツールのフリートライアル利用もオススメ!


以上の14種のツールの機能や特徴を見ても、
「うちの業務に必要な機能が十分に備わっているツールがない」
とガッカリした人もいるかもしれません。

そんな場合は、思い切って無料ツールへのこだわりを捨て、有料ツールの無料トライアルを利用してみることをオススメします。

有料の営業支援ツールの多くは、「◯日間無料体験!」や「◯週間フリートライアル」などと謳っています。
期間は2週間から1ヶ月程度に設定しているものが多いようです。

そこで、まずはこのサービスを利用してみて、気に入れば有料ツールも検討してみましょう。
コストをかけても、それによって業務が効率化され、売上拡大に貢献できるのであれば、損にはならないからです。

トライアルで検討するポイントは、

◎費用対効果はあるか
⇒ツール導入によってスリム化・効率化できる時間と工数、その結果期待できる売り上げ増などを試算し、導入効果が期待できるか検証しましょう
◎自社の業務に十分な機能があるか
◎画面デザインやデータ入出力方法などは使いやすいか

などです。

その結果、「無料ツールに比べて自社の業務に最適で、費用対効果もある」と判断できれば、ぜひ有料ツールを導入しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
無料で使える営業支援ツールの中に、使いたいものは見つかったでしょうか。

では、もう一度記事の要点を振り返ってみましょう。

1)営業支援ツールを使うことで、顧客情報や取引履歴などのデータ管理や、スケジュールや活動の管理、各種文書作成など、煩雑な業務を自動化・効率化できる

2)無料で使える営業支援ツール選びのポイントは5つ

◎自社の業務に十分な機能があるか
◎画面デザインやデータ入出力方法などは使いやすいか
◎モバイル(スマホ)利用できるか
◎ユーザー数の上限はあるか
◎有料プランに移行できるか

3)フリー営業支援ツール・利用目的別おすすめ14選は、

【顧客管理・案件管理】

  • Zoho CRM
  • Sugar CRM
  • vtiger CRM
  • アート
  • F-Revo CRM
  • FlexCRM

【プロジェクト管理・タスク管理】

  • Jooto
  • Redmine
  • Trello
  • さいすけ2

【名刺管理】

  • Eight

【その他】

  • NICE営業物語Smart3
  • グルーフォース980
  • ユビレジ

4)無料ツールで最適なものが見つからなければ、有料ツールをトライアル利用して導入を検討するのがオススメ

以上です。

あなたの職場の煩雑な業務が効率化され、ストレスなく営業活動に集中できる、そんな営業支援ツールが見つかることを願っています。

横溝 龍太郎

この記事の監修者

横溝 龍太郎 レッドフォックス株式会社 COO

本コラムは、ビジネスパーソンを「働くを、もっと楽しく」するためのアイディアの情報発信しています。
ちょっとした、日々の仕事のヒントになれば幸いです。

働くを、もっと楽しく。
営業支援ツール導入をご検討の方、お気軽にお問い合わせください!

0120-61-7799
営業時間 9:00〜18:00 (年末年始・土日・祝祭日を除く)