会社を経営していくうえで予算管理がありますが、その中でも特に重要な事項として予算策定があります。しっかりとした予算策定を行わなければ中々業績が上がることが無く小さな企業ではすぐに倒産という2文字が頭によぎってしまうことになりかねません。そんな事態にならない為にも今回は、経営の要となる予算策定について紹介します。

予算策定とは?

予算策定とは簡潔に言うと会社の成長の為に次期の予算を詳細に数値化することです。経営をする際には人件費や減価償却、その他諸々の費用が発生します。そして前年の費用データなどから次期の予算策定をすることにより会社全体の明確な目標が見え、部門ごとがバラバラの方向に向かうことなく効率よく業務を行えるようになります。
 「目標」とよく混同しがちですが、予算策定での「予算」は、ステイクホルダーへ約束した数字であり、「目標」は主に社内向けに予算よりも高い目標数字を設定します。

会社経営の要と言える理由

では何故、予算策定が要と言われるのかですが、今ある仕事を全力でおこない営業も頑張ればそれでいいのではないかと思われるかもしれません。しかしそれだけで経営が上手くいくわけではなく、予算の管理をしないと取り返しのつかない事態に陥ってしまうこともあることもあります。

例えば、中小企業など資金力があまりないという会社では予算策定をしっかりと定めておかなければ知らずの内に資金が尽き倒産の危機が襲ってくることになりかねません。
大量の仕事をこなさなければいけないからと言って予算管理をせずに働いていると、結果売上が上がるも人件費やその他費用のせいで結局は赤字になってしまい倒産になると言ったケースがあります。

予算策定は経費削減につながる

前年のどこにどのような経費がかかっているのかを確認することが出来るため、次期の経費削減をするポイントを見つけやすくなります。そして経費として大きな部分を占めている人件費などの無駄も見つけやすくなり、早期に対応して予算策定をおこなえば経費削減につながります。

経営判断にも役立つ

会社全体の方向性などを決める経営判断ですが、無茶な判断をしていては予算とかみ合うことなく裏目に出てしまい、結局は判断ミスとして会社を不安定にしてしまいます。ですが予算策定をしていれば、予算に合った経営判断が迅速に行えることになります。

策定する際のポイント

実際に予算策定をする際には重要なポイントがあり、どれか1つでもおろそかにしてしまうと予算策定の意味がなくなってしまいます。それでは予算策定をする際でも特に重要なポイントである2つを紹介します。

実現可能な高い目標を定める

予算策定する際に目標として掲げる予算は実現可能な高い目標を定めることが重要であり、理想論だけで明らかに達成できない予算を策定してしまうと、結果予算に達成することが出来ずに予算策定の意味がなくなります。
逆に容易に達成してしまう予算にしてしまうと、会社全体の士気にかかわってきてしまい会社の成長も見込むことが出来なくなってしまいます。

関係者合意のもと、設計する

予算策定をする際には総務部や財務部などだけでおこなうのではなく、各部署の責任者なども交えてしっかりとした予算策定を設計していかなければいけません。
予算統括部門などがあらかじめ各部門の予算を割り振り、各部門の責任者に提出します。

その後、部門責任者は各自で割り振られた予算の情報に定性情報などを追加し、改善できる点など報告をして予算を設計していきます。

予算策定の流れ

予算策定をする際のポイントを踏まえたうえで、次は実際の予算策定の流れについて紹介します。

1.次期の利益予算を策定

予算策定は前期の結果から次期の利益予算を策定することから始まります。ここでしっかりとした増益予測などを行い上記にも記した実現可能な高い目標を策定することが重要になります。

2.人件費、減価償却などの費用を予算化

ひとまず次期の利益予算の策定が終われば、次に利益予算に関わってくる人件費や減価償却、その他費用などの費用を予算化していきます。
特に人件費は予算内の大部分を占めているため、各部門では適正な人件費を提出しなければいけません。

3.次期の売上予算を策定

次期の売上予算の策定は、これもまた前期の実績などから次期への見通しを見定めて策定し、各部門ごとに毎月の目標利益などを定めます。

4.利益予算の差異を調整

各部門から集めた予算を合算し、初めに定めた予算策定との差異を調整します。
調整が必要な際には主に費用を減らしたり、目標売上を上げて予算策定との差異を調整していきます。

予算策定は今後の会社の成長を見通すための重要事項

以上、会社運営の要となる予算策定について紹介しました。
予算策定には3ヶ月ほどの時間をかけるのが一般的であり、一見して時間をかけすぎのように見えますが、予算策定は会社の予算管理の中でも特に重要視されており、予算策定を行い策定した目標は各部署での方向性が明確になり、会社の継続的な成長に繋がることになる為、時間をかけてしっかりとした策定を心がけましょう。

横溝 龍太郎

この記事の監修者

横溝 龍太郎 レッドフォックス株式会社 COO

本コラムは、ビジネスパーソンを「働くを、もっと楽しく」するためのアイディアの情報発信しています。
ちょっとした、日々の仕事のヒントになれば幸いです。

働くを、もっと楽しく。
営業支援ツール導入をご検討の方、お気軽にお問い合わせください!

0120-61-7799
営業時間 9:00〜18:00 (年末年始・土日・祝祭日を除く)