勤務時間の短縮を強要するジタハラとは、時短ハラスメントの略語です。ハラスメントをする企業がかかえる問題点と、従業員のストレスを理解する必要があります。

さらに、企業と従業員の双方にとってメリットのある解決策についても見ていきましょう。

0.目次

1.企業の努力不足?ジタハラとは
2.従業員と企業の働き方改革に対するギャップ
3.企業の要求に関する問題点
4.従業員のモチベーション維持が重要
5.時短勤務を強要するジタハラをしないために

企業の努力不足?ジタハラとは

ジタハラとは、勤務時間を削減するための具体的な対策を講じない状態で、社員に対して定時に帰るよう強制したり、残業をせずに退社するよう強要したりといった行為を指します。

本来ならば、長時間労働の見直しについては、企業側が対策案を検討するなどして取り組まなければなりません。

しかし、対策の提案もなく時短業務を強要することで、業務時間内に仕事が終わらず、仕事を持ち帰らなければならないといったことが起こります。

社内で残業をすればプライベートとのメリハリもでますが、仕事を持ち帰ればプライベートな時間を割くことになるのです。連日、仕事とプライベートの境目が分からない状態で仕事を続ければ、従業員のモチベーションが低下するなど、従業員にも企業にもプラスにならないでしょう。

従業員と企業の働き方改革に対するギャップ

政府が「働き方改革」を推し進める中、改革実現のためにと、残業時間を減らすことに躍起になる企業が増加しています。

働き方改革を基にして企業が労働時間を削減する目的は何か、目的を達成するためにはどのように対策を行うのか、働き方改革を推進する企業と、推進される従業員のあいだには意識のギャップがあるケースが多いです。

労働基準監督署の勧告があるから、企業のイメージアップのためなど、表面上で行う働き方改革では、長時間労働の根本的な解決にはなりません。

ジタハラというワードが使用されるようになった原因を考えたうえで、業務や評価制度など全体を見直す必要があるのです。

企業の要求に関する問題点

本来、残業をせずに退社するように促されることは、従業員にとって歓迎できることです。

しかし、実際にはハラスメントとなり、ジタハラとまでいわれるようになった原因には、2つの問題点が挙げられます。

1つ目は、就業時間中に終わらなかった仕事をどのように片づけるのかという問題です。仕事の片づけ方、穴埋めの方法など、具体案がないまま退社を命じられることになります。つまり、上司が部下の行っている仕事内容を把握していないのです。

特に、クライアントありきの仕事であれば自分だけの意思で仕事の量を調整することは困難であり、業務に取り組むトータルの時間が短縮されれば、業務の質も低下します。時間の調整もできないまま、質を落とさず成果をあげるように命じられ、一方で残業はしないように強要することは、無理な要求であるといえるでしょう。命じられるほうが多大なストレスを受けることは、容易に想像できます。

2つ目は、給与体系が変わらないのにも関わらず退社を促されることによって、結果として従業員が不利益をこうむることです。定時に退社しなければならず、仕方なく仕事を持ち帰ることもあるでしょう。

しかし、会社で働いていた時間は減っており、残業手当も出ません。実際には残業をしているも同然の状態であっても給与は減るため、従業員の士気がさがることも当然であるといえます。

従業員のモチベーション維持が重要

働き方改革を進めるうえで、ジタハラにならないようにする方法として重要なポイントの1つは、従業員のモチベーションをさげないことです。残業が減り、持ち帰り残業もないのであれば従業員のプライベートも充実するため、満足度は業務に還元されるでしょう。

そのためには、モチベーションをあげつつ効率化を目指せる「cyzen」を導入することが有効です。

cyzenであれば、営業活動後に会社で報告書を作成しなければならないという課題を解決します。スマートフォンを利用できる状況であれば、場所を問わず報告書を入力して送信することが可能です。

通常、外回りの移動というタイムロスは避けられませんが、隙間時間を活用することで効率的な営業活動ができます。

時短勤務を強要するジタハラをしないために

時短業務を強要するジタハラは、従業員にとって精神的な負担が大きいハラスメントです。企業にとっても、メリットはありません。

解決策の1つとして営業職にcyzenを導入し、時間を有効活用することで自然と働き方改革を成功させることにつながるでしょう。

あわせて読みたい