2018年4月6日に改正労働基準法を含む「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」が国会に提出され、可決成立しました。2019年4月1日から、順次施行される運びとなったのです。

そこで、この記事では労働基準法の改正部分についてわかりやすく解説していきます。

0.目次

1.労働基準法の改正ポイントまとめ!
2.労働基準法改正で残業はどうなる?
3.会社が残業させたがる理由とは!
4.社員が残業を受け入れる理由とは?
5.残業を削減したいなら?
6.労働基準法に定められた労働時間を守るために
7.cyzenの導入でどんな効果が期待できる?
労働基準法改正で残業削減が不可欠に?楽しくスマートに働きたいならcyzenを検討しよう!

労働基準法の改正ポイントまとめ!

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」いわゆる働き方改革関連法は、雇用対策法改正や労働基準法改正などを含む3つの柱で構成されています。このうち、労働基準法改正に関する主なポイントは下記のようになります。

  • 時間外労働の罰則付き上限規制を導入
  • 月60時間を超える時間外労働に対する割増賃金(50%以上)の猶予措置を撤廃
  • 年次有給休暇の消化を一部義務化
  • 高度プロフェッショナル制度の創設

労働基準法改正で残業はどうなる?

働き方改革関連法における最大の目玉は、時間外労働に上限規制が設けられた点にあります。原則的に「月45時間、年360時間」が上限となったのです。特別な事情でこれを超過する場合も、「月100時間未満、年720時間以内、複数月平均80時間以内」である必要があり、特例が認められるのは年6カ月以内です。

また、新たに36協定を締結しなくてはなりません。これまでは、特別条項付き36協定があれば事実上際限なく時間外労働を延長できました。そのため、今回罰則付きの上限規制が導入された影響は小さくないでしょう。違反すれば半年以内の懲役か30万円以下の罰金が科せられます。

会社が残業させたがる理由とは!

長時間労働による過労死や過労自殺が社会問題になるなか、時間外労働の削減はいまや労使共通の課題といえるでしょう。それにもかかわらず、会社側が社員に残業させたがる理由としては、日本の割増賃金が低いことや特別条項付き36協定の存在がありました。時間外労働の割増賃金は通常25%以上、月60時間を超える場合は50%以上と定められています。

ところが、これまで中小企業では月60時間超の割増賃金が猶予措置となっていました。日本の割増賃金は世界主要国に比べても非常に低く、会社にとっては必要経費となっていたのです。

また、日本では社員を解雇しにくいため、繁忙期に社員を増やすと閑散期に困ると考えられがちです。そもそも、経営層がいまだに「仕事優先でほかは二の次」という価値観を持っているケースも珍しくありません。

社員が残業を受け入れる理由とは?

長時間労働が問題視される一方で、率先して残業を受け入れる社員も少なくありません。その一番の理由は、残業代がないと生活が成り立たない人が多いことにあります。

また、今の会社を辞めたくない人ほど、会社側の要求を断りにくくなりがちです。そもそも、長く仕事をする人が評価されやすい社会風潮があることも見逃せません。

残業を削減したいなら?

社員と会社の両方に残業に頼らざるを得ない事情があるため、これを削減するのは容易ではありません。解決するには、会社全体で残業ありきの体質や文化を変えたり業務フローを見直したりする努力が求められるでしょう。

まずは「残業をあてにしない」「残業させない」という空気を作っていかなくてはなりません。

しかし、生活するうえで残業が欠かせない社員がいると改革はスムーズに進みません。

そのため、単に残業を減らすだけでなく、給与体系の見直しや副業の容認といった対策を取る必要があるでしょう。精神論だけで残業削減につなげるのは難しいため、目に見えるかたちで具体的な仕組みを導入することがポイントとなってきます。

労働基準法に定められた労働時間を守るために

働き方改革関連法によって時間外労働に罰則付きの上限規制が導入されたことで、労働基準法が定める労働時間を遵守する必要性が高まっています。とくに、時間外労働が上限を超えそうな企業は、早急に対策を取る必要があるでしょう。

なかでも、営業マンを多く抱える企業では、時間外労働が大きな課題となっています。外回りを終えたあと、帰社して何件も報告書を作成するとぼう大な時間がかかり、残業につながるケースも増えてしまいます。効率が下がるだけでなく、社員の休息時間が削られると健康被害につながりかねません。

そんな場合は、クラウド型の業務効率化ツールを導入するのも賢い方法です。

cyzenの導入でどんな効果が期待できる?

cyzen(サイゼン)は、クラウド型のモバイルコラボレーションサービスです。スマホ上で動くアプリで、マップ上で営業マンの位置情報をリアルタイムに管理できます。また、報告書をその場で入力できるため、わざわざ帰社する必要がありません。操作が簡単で、だれでもスムーズに使えるのも大きな魅力です。

一方、現場の進捗状況や顧客の位置が一目で把握できるので、管理者が指示やアドバイスを出すタイミングを逃しません。当日のスケジュールが社員全員に共有されるためダブルブッキングを避けられるだけでなく、直行直帰も可能になるでしょう。

案件をチームでシェアしてタイムロスの削減を図りながら、より楽しく働くことにつなげるアプリがcyzenなのです。

労働基準法改正で残業削減が不可欠に?楽しくスマートに働きたいならcyzenを検討しよう!

労働基準法改正によって、残業時間の削減が喫緊の課題となっています。しかし、業務を効率化することで残業が減れば、空き時間を有効に使えるようになり生活の質も向上するでしょう。

よりスマートにより楽しく働きたいなら、cyzenの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい