職場に限らず、組織のなかで必要になってくる「リーダー」。
もし自分がリーダーに任命されたとしても、実際にどんなことをしたら良いのかわからないこともあります。
そこで今回はリーダーについて具体的に解説します。

リーダーの役割はチーム・部署のメンバーをまとめる「先導者」

リーダーには、指導者・指揮官・先導者といった意味がありますが、仕事におけるリーダーはいずれの意味も含みます。

リーダーは部下を指導、まとめるだけでなく、メンバーを引っ張っていくことも大切になります。

これを実行する「力」がリーダーシップです。

リーダーシップを考える際は、以下の事柄を意識しておく必要があります。

*目標・目的を掲げる
*メンバーの士気を上げる
*メンバーの規範となる
*働きやすい環境を整える

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

目的・目標を設定する

達成したい・目指したい目標や目的が無ければ、組織の方向性が定まらずに迷走してしまいます。
リーダーはそういったことが無いように、常に目標・目的を設定し続けることが大切です。

また、目標や目的はメンバーと共有しておくことが重要になります。
これらの共有を行うことで、リーダーとメンバーの意見の食い違いを回避することが可能です。

共に仕事・課題をこなすためにも、目標・目的は常に設定・共有しておく必要があると言えるでしょう。

メンバーの士気を上げる

仕事を進めると、壁にぶつかることもあります。
それでも、引き受けた仕事は全うしなければなりません。
困難な場面に直面した時こそ、リーダーはメンバーを奮い立たせる必要があります。

また、リーダーは最後まで諦めない心を持つことが大切です。
リーダーが諦めてしまっては、メンバーは誰もついて来ません。

壁を乗り越えてメンバーと共に成長し、目的を達成させることが大切なのです。

メンバーの規範となる

リーダーはメンバーの規範となることが大切です。
リーダー自らが規範を示すことで、メンバーからの信頼を得ることができます。
メンバーからの信頼は、リーダーや組織にとって最も重要なことです。

信頼が無い人間には誰もついてきません。
組織をまとめるためにも、リーダーは組織の規範となる人間である必要があります。

働きやすい環境を整える

働きにくい環境では十分な成果を生み出すことはできません。
リーダーは、メンバーが働きやすい環境を提供する必要があります。

具体的には、メンバーの不満を解消することが重要です。
不満を解消することで、メンバーはリーダーを信頼します。
信頼関係が築かれている組織は、十分な成果を生み出すことでしょう。

また、常に働きやすい環境を考え、臨機応変に対応することも大切です。

リーダーとマネージャー(マネジメント)の違い

リーダーと同じく仕事の管理を行うマネージャー(マネジメント)が存在しますが、両者は似ているようで役割が異なります。

*リーダー:メンバーをまとめあげ、方向性を示して先導していく
*マネージャー(マネジメントを行う人):組織や仕事の管理・リーダーのサポートを行い、確実に業務を完遂させる

両者には一般的に権限にも違いがあります。

*リーダー:権限をメンバーに与え、業務を遂行してもらう。必要であれば補佐をする
*マネージャー:権限を行使し、業務の指示・管理を行う

また、両者にはメリットとリスクに対する考え方にも違いがあります。

*リーダー:長期的なメリットを求め、それによるリスクの発生は止むを得ないと考える。
*マネージャー:短期的なメリットを求め、リスクを極力抑える。

短期的なことはマネージャーに任せ、リーダーは長い目で物事を判断することが大切です。

リーダーに必要な資質

リーダーに向いている人は、以下の資質を持っている場合が多いです。

*常に目的・目標を掲げている
*判断力・決断力がある
*行動力がある
*学習することが好き
*メンバーのモチベーションの維持・向上ができる
*世話好き
*誠実である
*コミュニケーション能力が高い
*責任感が強い
*寛容である

これらの資質が、どのようにリーダーに適しているか解説します。

常に目的・目標を掲げている

常に目的や目標を掲げている人はリーダー気質があります。
目的・目標を掲げることは、組織の方向性を定めるのに必要なことです。

自ら目的や目標を掲げ、組織やメンバーを引っ張っていくことがリーダーの義務です。

判断力・決断力がある

判断力・決断力がある人はリーダー気質があります。
ビジネスでは決断に迫られることがありますが、その場合に最良の選択を行える判断力や決断力がリーダーには必要です。

優柔不断な性格ではメンバーから不信感を抱かれてしまいます。
最終的な判断・決断はしっかり行えるようにしましょう。

行動力がある

考えることも大切ですが、それを実行に移す行動力も大切です。
自ら率先して行動を起こさない人間に、人はついていきません。
他力本願な性格の人と行動力がある人なら、後者の方に人望は集まるのは明確ですよね。

ただし、自分で行動するだけでなく、任せられることはメンバーに任せることも大切になります。

学習することが好き

学習することが好きな人は、リーダーの素質があります。
業務内容だけでなく、リーダーには様々な知識や経験が必要です。

それらを一つずつ学び経験することが大切であり、学習欲があればその分有利になります。

また、学ぶ姿勢をメンバーに示すのも、良い組織の規範になります。
リーダーとしての経験を重ね、メンバーと共に成長していくことが大切です。

メンバーのモチベーションの維持・向上ができる

メンバーや己自身のモチベーションが上がらない・下がることも時にはあるでしょう。
そのような場合に、リーダーはモチベーションの向上を図る必要があります。
また、士気が上がっている状態を保ち続けることも大切です。

モチベーションが低い状況では良い成果は生み出せません。
リーダーとなる人物は、モチベーションのコントロールが行えるようにしましょう。

世話好き

人の世話が好きな人は、リーダーの素質があります。

業務で分からないことがあった場合、リーダーはメンバーを補佐しなければなりません。
世話好きであれば、困ったことがあってもすぐに解決できます。
助言によってメンバーの成長に繋がり、信頼性もグッっと上がることでしょう。

誠実である

リーダーは誠実な人間であることが大切です。
誠実な人間は仕事に対する意識が高く、気配りができます。

また、相手への思いやりの気持ちが強く、皆のために行動することができることも誠実さの表れです。
メンバーに信頼されるためにも、リーダーにはこの誠実さが求められます。

コミュニケーション能力が高い

リーダーにはコミュニケーション能力が必要です。

メンバーとのやりとり・外部との交渉など、リーダーがコミュニケーション能力を発揮する機会は多いです。

リーダーになる場合には当然必要になる能力なので、常に磨いておきたい能力になります。

責任感が強い

責任感が強い人は、リーダー気質があります。

無責任な人には誰もついて行かず、仕事も回ってきません。
そうならないように、リーダーとしての責任を果たそうとする気持ちが大切なのです。

また、メンバーの失敗の責任は全て自分に回ってきます。
それらを全て背負う覚悟も必要でしょう。

ただし、責任感に潰されないようにしてください。

寛容である

寛容な人は、リーダーの気質があります。

メンバーの失敗を咎めず、それを許して対策を立てる気持ちが大切です。
いつまでも叱ってばかりでは、メンバーも良い気分ではありませんからね。

また、自分の固定観念にとらわれず、メンバーの意見を取り入れることも必要です。

リーダーとしての立ち振る舞い

リーダーになる場合には、それに見合った役割や立ち振る舞いが必要になります。
具体的には、以下の要素を意識することが大切です。

*計画的に行動する
*メンバーを信頼し、任せる
*メンバーに考えさせる
*メリットを伝える
*一歩を踏み出させる

計画的に行動する

リーダーは計画的に物事を進めましょう。
業務のタスク分けを行い、労働力に見合った量の仕事を与えることが大切です。

人間は常にストイックに頑張ることはできません。
詰め込みで働かせても、良い成果を得ることは不可能です。

メンバーはあなたの駒ではありません。
リーダーは常に目標達成のためにも、労働力に見合ったタスク分けを行いましょう。

メンバーを信頼し任せる

リーダーはメンバーを信頼し、仕事を任せることが大切です。
人に信頼されるには、まず自分が人を信頼する必要があります。
メンバーに任せられることは任せておきましょう。

そして、仕事を達成した後の評価も忘れずに行ってください。
人は評価されたい生き物です。
褒めるところは褒める、注意するところは注意することを徹底しましょう。

メンバーに考えさせる

リーダーは、ただタスク分けを行えば良いというものではありません。
時には自分たちで考えて行動させなければなりません。

リーダーがいなければ行動できないチームに成長はありません。
自分たちだけで何ができるのかを考えてもらうことも大切です。

また、メンバーが失敗した場合も同様です。
ただ注意するだけでなく、なぜ失敗をしてしまったかを考えさせることが、組織全体の成長に繋がります。

メリットを伝える

リーダーはメリットを常に伝えることを意識するのが大切です。

人間はメリットがなければ他人についていくことはありません。
「私についていくことで、このようなメリットがありますよ」といったことを常に発信しておくと、自然と人はついてきます。

一歩を踏み出させる

リーダーは最初の一歩を踏み出せるようになることが大切です。

リーダーは皆を引っ張っていく義務があります。
行動を起こさないリーダーには誰もついていかないですよね。
そのため、まずは自分から最初に行動を起こすことが重要なのです。

リーダーシップがどれだけ発揮されたかで仕事が決まる!

ここまでリーダーシップとは何かを解説してきました。リーダーシップを発揮するというのは簡単なことではありません。
「リーダーとして自分は何ができるのか」ということを考えながら、少しずつ成長していく必要があります。

その時のために、今のうちに少しでもリーダーの考え方を覚えておくことをおすすめします。