クラウドサービスが充実してきたこともあり、営業を支援するSFAシステムが注目を集めています。

しかし、実際に導入してみると多機能で複雑すぎる、使い勝手が悪い、入力に手間がかかるなどと後悔している企業も多いのです。そこで今回は自社にピッタリのSFAシステムを導入し、営業活動を効率化させるためのポイントについて紹介します。

※モバイルSFAの決定版 cyzen

※cyzen機能紹介

営業を支援するSFAシステムとは?

SFAとはセールスフォースオートメーション(Sales Force Automation)の頭文字を取ったものです。日本では営業支援システムとも呼ばれ、営業活動を見える化して営業効率を高める役割を果たします。従来の営業手法では顧客にいつどんなアプローチをするかは営業担当者に任されてきました。そのため、最適な販売機会を逃してしまうなど効率的な営業方法とはいえない点もあったのです。

しかし、SFAシステムを導入すれば、いつ誰がどの顧客にどんなアプローチをしたのかを可視化することができます。SFAシステムの顧客管理により顧客ごとの状況が詳細に把握できますので、次にどんな提案をすべきかも見えてくるでしょう。各営業担当者に任せられていたアプローチの時期やアプローチ法も全社的に管理できるようになるので、効率的で売り上げアップにつながる営業が可能になります。

SFAにはどんなツールがあるのか?

SFAシステムのツールにはさまざまなものがあります。

代表的なツールとしては顧客管理と営業活動管理が挙げられます。これにより、いつ誰がどの顧客にどんな営業活動をしたのかを一目で把握することが可能です。タスク管理と連動して期限が迫ると通知してくれる機能が搭載されていることも多いため、販売機会を見逃してしまうようなこともなくなるでしょう。管理者や他の営業担当者も営業活動を一覧できるため、全体で営業活動の進捗状況を共有することができます。

次に代表的なツールとして入力項目を埋めるだけで自動的に日報が作成される営業日報作成機能があります。営業担当者にとって営業日報の作成は面倒なものですが、クラウドを利用することで外出先からでも面談内容を入力することが可能です。これ以外にも見積書や請求書を作成するツール、受注金額や受注予定金額などを把握するツール、営業活動を分析してレポートを作成するツールなどもありますが、ツールの種類は導入するシステムによっても違ってきます。

主なSFAの機能と価格を比較

ここで紹介しているSFAツールは、ほんの一部ですが代表的なSFAシステムの主な機能と価格を比較してみましょう。

#Salesforce(セールスフォース)

高機能なSFAで見込客への接触から育成、クロージングまでを一元的に管理できます。売り上げの分析や今後の予測、各営業担当者の進捗状況など詳細なレポートを作成することが可能です。1ユーザーあたりの最低月額利用料は7500円です。

Salesforce

#eセールスマネージャーRemix

外出先の営業担当者が入力しやすいように選択入力方式を採用しているのが特徴です。分析メニューの追加などカスタマイズ性も高い高機能なSFAです。1ユーザーあたりの最低月額利用料は6000円に設定されています。

eセールスマネージャーRemix

#cyzen

営業支援のためのスマホアプリで「簡単」に「お手頃価格」で始められるのが特徴です。位置情報に連動した機能が充実しており、地図上に訪問する顧客の優先順位を表示することができます。1ユーザーあたりの最低月額利用料は880円と導入しやすい価格設定になっています。

cyzen

SFA導入に成功するためのSFAシステムの選び方

チェック1 費用対効果

SFAシステムを導入するにあたっては費用対効果が見込めるかということが最も重要になります。どんなに高機能なSFAシステムを導入しても売り上げにつながらなければ意味がありません。SFAシステムの導入によってコストに見合う効率化や売り上げ増が見込めるかをしっかりと検討しましょう。

チェック2 現場が使い易いか?

各営業担当者にとって使いやすいSFAシステムを導入することも重要です。多機能なSFAシステムはいかにも効果がありそうですが、複雑な機能はかえって業務の妨げになりかねません。

本当に必要な機能を検討して導入すべきSFAシステムを選ぶのが成功のためのポイントです。まずは低コストで導入できる「cyzen」でSFAを始めてみるのもよいでしょう。

SFAとは営業を支援するシステムで、各営業担当者の営業活動を見える化して営業の効率を高めます。SFAシステムの顧客管理と営業活動管理ツールで顧客ごとに営業活動の進捗状況を把握することができるので効果的なタイミングでアプローチすることが可能です。多機能なSFAシステムもありますが、導入する際には自社に必要な機能をしっかりと検討することが重要です。

クラウド型SFA/CRMサービス一覧表


※redfox調べ

あわせて読みたい

SFAや営業支援ツールを使った行動分析を実行する上で大切な3つのこと

※モバイルSFAの決定版 cyzen

※cyzen機能紹介