職場でチームワークの大切さはよく説かれているし、実際チームで仕事にあたっているが、現実的には優秀な人にばかり業務が集中しがちで、他のメンバーのモチベーションが下がったりするので、チームで仕事をすることの大切さがいまいちわからない

あなたはいま、仕事におけるチームワークの有効性を疑っていませんか?

一人ではむずかしいが、チームを組んで仕事をすれば大きな目標を達成できる

チームワークに対し、このようなイメージは多くの人々に共有されていると思いますが、これをどのように実現させればよいのかはわからないとお感じの方も多いことでしょう。

この記事では、

・仕事におけるチームワークの詳しい定義
・チームワークが重要視される背景
・チームワークにおいて大切にすべきこと

などをお伝えしていきます。

チームワークの大切さを理解し、実際にチームワークを向上させるための助けになれば幸いです。

1. チームワークとは

チームワークとはお互いの弱みを補いつつ強みを高め合うことによって相乗的な力や効果を生み出す共同動作のことです。それにより、個人ではやり遂げることのできない大きな仕事をチームメンバーとの連携によって実現することができます。

チームによく似た言葉にグループがあります。どちらも複数のメンバーが共同で課題に取り組むわけですが、組織行動学ではこの二つの用語を全く別のものとして扱い、次のように定義しています。

チーム グループ
・メンバーの連携と協力により、メンバー各自の持ちうるスキルや経験では解決することのできない課題をクリアするだけの力を生み出す集団がチーム。

・メンバー個人の成果を高めることに重点をおくグループに対し、チームでは全メンバーが共同体として一貫した方向性の下に活動を行うことでさらなる効果や成果を生み出すことが可能となる。

・リーダーとメンバーが存在し、共通の目標をいかに達成するかという点を重視する。

メンバーそれぞれが自分の持つ能力を全力で発揮し、それらを合わせたものを成果として扱う集団のことをグループと呼ぶ。

・グループでは各自の能力を全て出し切ることを重要視し、潜在能力の総量に限りなく近い力を引き出すことによって、より高い成果を生み出すことを目指す。

・共通の目標よりもメンバーとの協調性を重視する傾向がある。

チームが重視するのは共通の目標をいかに効果的に達成できるかであるのに対し、グループが重視するのは個人の成果を高めることだと言えます。

2. 仕事においてチームワークが大切な理由

それでは、なぜ仕事においてチームワークの大切さが説かれるのでしょうか?大きく分けて2つの理由があります。

①一人の力では難しい高い目標を達成できる

前述したとおり、チームワークがうまく機能することによって得られる一番のメリットは、個人単位では実現不可能な大きな目標を達成できるという点です。

また、チームワークは、業務を効果的かつ効率的に遂行するのに役立つだけでなく、チームメンバーの仕事への満足度を高めたり、スキルを向上させたりするなど、個人に良い影響を及ぼすことも大きなメリットと言えます。

②変化の激しいビジネス環境に適応できる

現在の変化の激しいビジネス環境に対応するために、その都度必要とされる能力をもった人を見極めて採用することには現実的に限界があります。
だからこそ、いまある人員でチームを組み、チームワークをうまく機能させることの重要性は高まっているのです。効果的なチームワークによって変化に柔軟に対応していくことが可能になります。

急速に進むグローバル化や情報技術の発展によりビジネス環境は複雑に変化しています。
そのため、企業はその規模に関わらず激しい競争にさらされ、イノベーションの必要性に迫られています。
チームワークはそのイノベーションを生み出すことも可能にするのです。

チームワーク事例〜チームワークが企業を成長させる

チームワークへの理解を深めていただくために、チームをうまく機能させている企業の事例をご紹介します。

①仕事の成果を“We did”で共有し団結力を高める
外資系コンサルタント会社として有名なK社は、個人プレーというイメージが強い外資系でありながら、チームワークを重じる社風です。

なぜならK社が相手にするのは企業の経営層であり、業務範囲は、事業規模拡大のための戦略立案や収益化に向けた経営分析など多岐にわたります。そうした仕事をたった一人でこなしていくことは実質的に不可能です。

そのため、M社では「I did(私がやった)」ではなく、「We did(私たちがやった)」というスローガンを何よりも大事にしているといいます。

K社では、クライアント業務のみならず、社内業務もチームによって運営されています。どんなに困難な課題でも、チームメンバー全員の力を結集させれば解決力は高まります。

仕事の場で達成できたことについては、つい「自分がやった」という気持ちになってしまうものですが、そうではなく「全員でやった」という気持ちを持つことで組織全体の団結力を高め、お互いの信頼感を高めながら働くことを可能にします。

ひいては、その結集力とお互いへの信頼感が組織を成長させていく原動力となるのです。

②ミッションステートメントでトラブル対応力などが向上
クラウド会計ソフトなど、オフィス業務を支援するサービスを提供しているA社もチームワーク重視の会社です。プロジェクトを進めるにあたっては、エンジニアやデザイナー、マーケティング担当者など、部門を横断したメンバーでチームを作り、業務に励んでいます。

A社では、チームワークを効果的に機能させるためにメンバー全員が向かうべき方向を決める「ミッションステートメント」を定めています。これにより、何かトラブルが起こっても、対応の仕方をめぐって意見が対立して仕事がなかなか進まないという事態には陥らず、仲間と力を合わせてトラブルの解決に取り組むことが可能となったそうです。

また、同じ目標を共有しているからこそ、フラットな目線で素直に意見を言い合うこともできます。A社では、全社員が社長に対しても臆することなく意見を言える環境が整っているそうです。風通しのいい環境で思ったことを率直に伝え合うことにより、プロジェクトを効率よく進めていくことができるのです。

また、ミッションステートメントをしっかりと定めているからこそ、チームメンバーはそれぞれのスキルをそこに向けて最大限に発揮することができます。これもチームワークの大きな利点と言えるでしょう。

③女性リーダーが率いる女性の工事チームが企業の成長を促す
建設会社のC社もチームワークを大切にしている企業です。ビルや道路などの建設は、何百人、何千人という人が関わる大規模な事業であるため、チームワークの必要性は群を抜いて高いと言えます。

そんな建築業界で、C社は女性を中心とした工事チームを作っています。これは、女性の現場監督や左官などのチームを作り、女性の採用や職場環境の改善などを積極的に行うための試みです。

建設会社は男性社員比率も高く、リーダーをつとめるのも男性が多いため、女性が意見を言いづらい環境にあります。しかし、企業として成長していくためには女性の活躍は必須。女性がリーダーをつとめる女性中心の工事チームが現場を牽引していくことで、女性の視点が活かされ、女性が活躍できる環境を迅速に整えていくことを可能にしています。

3. チームワークが重要視される背景

チームワークが大切だと言われる理由はわかりました。では、チームワークが大切だとされるその背景には、どのような事情があるのでしょうか? 

3-1. 業務の高度化

技術の進歩に伴い業務も高度化し続けていますが、この状況もチームワークで乗り越えることが可能です。

業務の高度化により生まれる課題が、その人の専門分野を超えたものになってしまうケースが多発した場合、続々と発生する新しい課題すべてを個人やその部門だけで解決しようとすれば、通常業務がまわらなくなります。これが続けば企業の業績悪化につながりかねません。

こういった業務の高度化に付随して発生する新たな問題に迅速に対応していくためには、各部門の連携と協働が不可欠です。そこで、営業、開発、製造などといった様々な部門を横断してチームを組むことで情報を共有し、密にコミュニケーションを図ることによって、通常業務を滞らせることなく様々な課題に柔軟に対応できるようになります。

3-2. 情報のリアルタイム化

IT技術の発展と普及は、インターネットを通じてリアルタイムで世界の様々な情報を簡単に得られるようにした反面、ビジネス環境を劇的な変化にさらすことになりました。

このような情報のリアルタイム化は、予測に基づく事業計画の立案を困難にすると同時に、迅速で柔軟な分析と決断を企業に迫ることになりました。ここでも、限りある経営資源を十分に活用し、少しでも多くの利益を生み出していくためには、やはりチームワークが欠かせません。

誤解されがちなことではありますが、情報のリアルタイム化で、企業が長年にわたり蓄積してきたノウハウやスキルが無用の長物になるわけではありません。チームワークとは、すでにある各自の技能を組み合わせることで、さらに大きな力を生み出していくことが可能になるのですから、ノウハウやスキルは多いほど相乗効果も大きいのです。

チームワークは、現在構築している組織構造をさらに強化するための方法・手段であることを理解して活用していくことが大切です。

3-3. ビジネスのグローバル化

ビジネスにおける取引先や人材などの多国籍化は、企業の安定経営を困難にする要因となっています。

しかし、グローバル化はその一方で、新たな視点や刺激を得る機会ともなりえます。多種多様な知識や視点、技能が集まったチームを組み、大きな相乗効果を起こせるようチームワークをうまく機能させることができれば、企業の躍進につなげることができます。

グローバル化に対応するためには、個々の外国人従業員が持つ生活習慣や考え方などを正しく理解したうえで、ワークライフバランスに配慮する必要があるのは言うまでもありません。

4.チームワーク向上のために大切にすべきこと6点

最後にチームとして各メンバーが大切にすべきこと6点をお伝えします。

4-1. チームメンバー全員が明確な目標を共有する

チームワークに必要なのは何よりもまず目標を共有することです。
たとえば「部署の売り上げを30%上げる」「新規事業で顧客を100人増やす」といったように具体的な目標を共有する必要があります。

また、チーム共有の目標がブレるのを防ぐためには、最終目標だけではなく中間目標を定めるなどの段階を踏み、適宜チーム内で話し合いをすることで、進むべき方向を調整していくようにしましょう。

目標の共有がない場合、協力体制が築けずに馴れ合いになったり、イニシアチブ争いが激化してしまい、チームとしての統制がとれなくなることもあります。

4-2. メンバーの自発性を大事にする

旧来型の、社員に役割を押し付けて受け身にさせてしまうチームワークでは、チームがもつ力を十分に発揮することができません。

チームワークを最大限に機能させるには、メンバーの自発的な協力を信じて、裁量を与えることによってより多くの潜在能力を引き出すことが不可欠です。潜在能力は、チームメンバー間で「目標」を共有する一方で、「プロセス」は個人の裁量にある程度まかせることによって引き出すことが可能になります。

4-3. 協調性を大切にする

チームワークでは自発性も大切ですが、メンバー同士がお互いを尊重する気持ちや協調性なしにはうまく機能しません。

自分の価値観に固執し、他のメンバーの価値観を受け入れることができない人がいると、チーム自体の仕事がストップしたり、共通の目標にブレが生じたりする危険性があります。そのような状況に陥らないためにも、メンバー同士が協調し合い、お互いを認め合いながら、共通の目標のために力を尽くすことが必要です。

4-4. すべてのメンバーが対等に意見を言い合える雰囲気を作る

チームワークを最大限に発揮するためには、上下関係にこだわりすぎないようにしましょう。

時には上司と部下が同じチームに加わる場合もありますが、その上下関係を意識しすぎて萎縮してしまっては、チームワークを損ないます。

メンバーは、リーダーからの指示をただこなすだけでなく、時には気づいたことや、業務の改善につながりそうな提案を自ら言うようにしたいものです。またリーダーは、他のメンバーの意見を対等な姿勢で真摯に聞き、上下に関係なく気軽に意見を言い合える雰囲気を作り出すよう心がけましょう。

4-5. チームの基本「報・連・相」を怠らない

チームワークを十分に発揮するためには、個々の仕事の進捗状況をメンバー同士で常に把握している状態にしておく必要があります。報告・連絡・相談を徹底することで、仲間のミスをカバーできたり、より高い成果を生み出すことができるようになります。

4-6. リーダーがその役割を十分に果たす

いくら優秀なチームメンバーを集めたとしても、そのメンバーをまとめ、目標に向けて正しい方向に導くためには、熱意のある優秀なリーダーの存在が不可欠です。

リーダーには、メンバーが働きやすい環境を整え、必要とあらば思い切った軌道修正を行える強いリーダーシップが期待されます。そのため、リーダーは常に「メンバー同士の協働が滞りなく行われているか」「共通の目標をブレずに共有できているか」を把握する必要があります。それができていない場合は、目標達成に向けて軌道修正をしなければなりません。

リーダーがその役割を十分に果たすことができれば、そのチームは大きな成果を得られるはずです。

5. まとめ

以上、仕事におけるチームワークの大切さについてお伝えしてきました。

仕事においてチームワークが大切な理由は「一人の力では難しい高い目標を達成できる」「変化の激しいビジネス環境に適応できる」からでしたね。

また、チームワークが大切とされるその背景には、

・業務の高度化
・情報のリアルタイム化
・ビジネスのグローバル化

以上の事情があることがご理解いただけたかと思います。

また、チームワーク向上のために大切にすべきことは以下の6点でした。

①チームメンバー全員が明確な目標を共有する
②メンバーの自発性を大事にする
③協調性を大切にする
④すべてのメンバーが対等に意見を言い合える雰囲気を作る
⑤チームの基本「報・連・相」を怠らない
⑥リーダーがその役割を十分に果たす

この記事が、劇的な変化にさらされているビジネス環境においてますます注目されるチームワークの大切さを理解し、実際のチームワークを向上させるお役に立てば幸いです。

横溝 龍太郎

この記事の監修者

横溝 龍太郎 レッドフォックス株式会社 COO

本コラムは、ビジネスパーソンを「働くを、もっと楽しく」するためのアイディアの情報発信しています。
ちょっとした、日々の仕事のヒントになれば幸いです。

働くを、もっと楽しく。
営業支援ツール導入をご検討の方、お気軽にお問い合わせください!

0120-61-7799
営業時間 9:00〜18:00 (年末年始・土日・祝祭日を除く)