cyzen(サイゼン) | 現場で成果が出るCRM/SFA

【そこが知りたい】モバイルワーカーにとってのバレンタインデーの今

2018年2月13日 TAGS :

バレンタインデーですね。
モバイルワーカー、営業の皆様は今日も外勤に勤しんでいることと思います。

さて、しらべぇ編集部で全国20~60代の女性696名実施したところによるとバレンタインデーのチョコの贈答数の平均は「2.91個」とのことです。

チョコの贈答数の平均は「2.91個」

※参照:義理チョコは古い?バレンタインデー1人あたりの平均贈答数を調査

この数字から見ると、いわゆる所属しているグループの中に配布する「義理チョコ」文化が、現在では減少傾向にあるということがわかります。

義理チョコの定義をウィキペディアで見ると以下のとおりです。

義理チョコ(ぎりチョコ)とは、一般には、日本の女性がバレンタインデーの2月14日に、恋愛感情を伴わない男性に対し、日頃の感謝の気持ちを込めて、またはホワイトデーの返礼を期待して、贈答するチョコレートのこと。あるいはその儀式全般を含有した日本特有の文化を指す。
※参照義理チョコ

「義理チョコやめよう」

2018年2月1日に、ゴディバジャパン(東京都港区)が日本経済新聞に掲載した「義理チョコやめよう」の一面広告が話題です。
※参照:朝日新聞デジタル「義理チョコやめよう」ゴディバが広告 称賛も反発も

さて、外で働くモバイルワーカー、営業マンの皆さん。
バレンタインデーについてどのようなご意見を持っていらっしゃいますか?

チョコレートが脳を活性化させる?

最後にチョコレートの効能について考えたいと思います。

(株)明治によって実施された「チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究」でチョコレートは、脳の活動を支えている代表的な栄養分の BDNF(Brain-derived neurotrophic factor)を含む血流の増加によって認知機能を高める可能性が見つかりました。
※参照:チョコレートが脳を活性化するとは!?

如何でしたでしょうか?バレンタインデーにチョコレートをもらったモバイルワーカー、営業の皆様は、外勤中でも手軽に手に入れることができるチョコレートを食べて脳を活性化し、引き続き更なるハイパフォーマンスを目指しましょう。

導入についてのギモン、おこたえします。

お気軽にご連絡ください
cyzenチームがあなたのビジネスをサポートします。

お電話でのお問い合わせ

導入に関するお問い合わせ

0120-61-7799

カスタマーサポート(サポートページはこちら)

オフィシャル販売パートナー

まずは14日間
無料トライアル