世の中には多くの企業が存在しますが、大手企業に限らずほとんどの企業は自社のHPをもち合わせています。
HPは営業戦略の1つであるWEBマーケティングの一種です。
「WEBマーケティング」と聞いて言葉は聞いたことがあるものの、どんなことをしているか知らない方も多いのではないでしょうか。

ここではWEBマーケティングを活用した営業戦略を紹介します。

WEBマーケティングとはインターネットを用いて販促を行うマーケティング手法

WebマーケティングとはWEBサイトやWEBサービスのようなインターネットを利用して、物やサービスの販売を促進させるためのマーケティング手法の1つです。

昔のようにインターネットがなかった時代では、集客の方法として広告やセールスが一般的でしたが、現在はインターネットを使用するのが当たり前とも言われる時代であることから、マーケティング手法もWEB中心になりつつあります。

ただ、WEBマーケティングの中にもあらゆる手法があり、SEOや広告、SNSなど戦略は様々です。

商材やターゲット層によってアプローチ方法を切り替える

商材やターゲット層が変わればアプローチの仕方を変える必要があります。

そもそもアプローチとは近づくことを意味しますが、WEBマーケティングではターゲットに対してどう近づくかということを考えなければいけません。

WEBマーケティングを成功させるために、「この商品を売るためにはどのようにしてターゲットに知ってもらうか」ということを考える必要があります。

例として、20代の男女に向けて売っていた商品と60代の男女に向けて売っていた商品をどちらもSNSを活用したアプローチの仕方で販売したらどうなりますでしょうか。

20代の方はSNSを利用するユーザーが多くアプローチの仕方は問題ありませんが、60代の方でSNSを活用しているユーザーは少なく適切ではありません。

アプローチの仕方が適切でなければ、狙った効果が見込めないため、商材やターゲット層によって適切なアプローチ方法を選択し、WEBマーケティングを戦略的に成功させましょう。

HPは24時間働き続ける営業マン

HPは休みを知らない営業マンです。

HPはメンテナンスなどを除けば365日24時間働くことから、企業に限って言えばHPを利用していない大手企業はほとんどないでしょう。

しかし、HPが必ず優秀な営業マンかと言われればそんなことはなく、HPページをただ制作して公開すればいいと思っている方、それは間違いです。

HPの制作は自社内に制作リソースがなければ外注する必要があり、もちろん費用がかかります。
次の営業マンとHPのうち、優秀なのはどちらでしょうか?

*1日8時間しか働けないけど、根気強くテレアポをする営業マン
*24時間365日働けるけど、全くアクセスのないHP(営業マン)

優秀なのはもちろん前者の方です。HPページは何もしなければ成長せず、優秀な営業マンにするには人間と同じように育てる必要があります。

HPは閲覧されて初めて営業したことになりますので、HPに会社の情報やどんな商品やサービスを展開しているのか、どんな特徴があるのかなどを掲載し、魅力あるHPにしなければいけません。

インターネット中心の今の時代、HPをマーケティングの材料にするならばSEOのような知識が必要になります。

仮にWEBマーケティングにHPを活用しないにしても、企業がHPを用意しておくことは大切です。

ターゲットユーザーを明確にすることが最重要

WEBマーケティングの戦略において重要なことはターゲットが誰かということです。
いくらWEBマーケティングを展開しても、戦略の無いマーケティングでは効力を発揮しないので、WEBマーケティングを成功させるにはターゲットを決める必要があります。

ターゲットを決める要素として分かりやすいのが「年齢」や「性別」、「職業」などです。
WEBマーケティングでも全てのユーザーのニーズに応えることはできませんので、ターゲットを明確にすることは戦略上必要になります。
ターゲットが明確でないマーケティングはアプローチの仕方やコンセプトがズレることになり、結果としてマーケティング効果を最大限に発揮することができません。

もし、WEBマーケティングを展開するのであれば、はじめにターゲットとなるのは何かを決めるようにしましょう。