訪問介護をする介護士さんを支援しています!

訪問介護の需要はますます増えて、介護士さんは多忙を極めています。愛知県で医療・福祉事業を行うS様では、複数の福祉施設を運営するほか、訪問介護事業も行っています。

<導入前>

事業所所属の介護士さんは車で利用者様のお宅を一日数件、巡回訪問したあと、事務所に戻って手書きの報告書をまとめていました。利用者様の様子、訪問した時刻、介護サービス終了時刻など、メモ書きしておいて転記できる場合もありますが、そうでないときは記憶をたよりにあとで記録していました。

<導入後>

「すべての介護士さんが簡単に使える」ツールかどうかがまず重要で、操作がシンプルでわかりやすい「GPS Punch!」をご導入いただきました。

介護士さんは利用者様宅を訪問時と退出時にスマートフォンを立ち上げてタップするだけ。これで、介護の正確な時間の記録が残ります。

介護の報告書は移動の車の中などで、スマートフォンに簡単に入力することができます。報告書は選択項目を用意して、記入しやすいようにしました。

このような作業の効率化で、以下のような成果が上がりました!

★直行直帰が可能になり、介護士さんの負担が大幅軽減。待遇も改善できた!
★正確な作業時間がわかり、労務管理が簡単になった!
★利用者様の様子についての申し送りが確実にできるようになり、CSも向上!