不動産営業は、種まきから刈り取りまで、時には長い期間を要します。そんな顧客をしっかりフォローして、ベストタイミングで営業をすることで成果につながります。

2014-07-11

<導入前>

不動産営業のK社様では、個人のお客様に戸建てやマンションを販売しています。新規購入のほか、住み替えの相談にもお応えしています。

今は「買わない」と言っているお客さまも、結婚やお子様誕生のタイミングで一転、積極的に購入に動き出します。そんなお客様のタイミングを逃さないためには、顧客情報を正確にもらさず引き継ぎする必要があります。

しかし実際には、営業マンの配置換えなどで重要な顧客情報が蓄積できていませんでした。

数あるCRMのなかから「GPS Punch!」を選び導入することになった決め手は、スマホに慣れていない社員でも直感的にすぐ使いこなせるわかりやすさでした。

<導入後>

営業マンは商談直後に内容のメモを送信、そのまま顧客情報データベースとして蓄積できるようになりました。帰社して報告書や日報を書く手間がなくなり、営業マンの仕事も楽になりました!

★現場からの報告がカンタンになり、本来業務の営業に専念でき生産性が向上!
★情報がきちんと蓄積できているので、営業マンの引き継ぎが楽で確実!
★最適なタイミングで再アプローチをかけることが可能に!