「クロスセル営業」(Cross-Sell) とは、ある商品をすでにご利用されている顧客に違う商品を追加でおススメすること。

「営業部門」「保守部門」などそれぞれが持っている顧客情報をリアルタイムに共有することで、クロスセルのチャンスが広がります。

2014-07-17
<導入前>

中部地方で法人向けに通信回線や通信機器を提供するC社様では、 古い顧客管理システムを使用していて、管理運用に時間がかかっていました。 システムの更新にあたり、

「現場の社員が仕事をしやすいシステム」
「情報の蓄積・共有が簡単で、売上増につながるシステム」

という条件で検討していました。

操作がわかりやすく、上記の条件に見合ったシステムということで、
「GPS Punch!」の導入を決定していただきました。

<導入後>

アプリの地図上で閲覧できる顧客情報に一工夫。顧客を示すピンの色や形を変えて、他部門での最新の営業状況がビジュアルでわかりやすく表示させました。効率のいい営業、タイミングを逃さない商談ができるようになりました。

★「ルート自動記録機能」で車で移動する営業マンから連絡がなくても 「今どこにいるか」がわかるように!

★「GPS Punch!」のアプリの地図に表示される顧客のピンの色や形によって、最新の顧客情報が一目瞭然に!

★「営業部門」「工事・保守部門」の情報共有がカンタンになり、「クロスセル営業」がしやすい 環境に!