前回お届けした「GPSのしくみ」に続き、第2弾としてGPSの「活用事例」についてまとめてみました。ざっとリストアップしてみたのが以下の12の事例です。

※位置情報モバイルSFAの決定版 cyzen

1)移動を記録する
「時間つき位置情報」の基本機能です。例えば「旅の行程を記録」「ランナーが走った距離を記録」「営業マンが訪問履歴を記録」などがあります。移動した軌跡を残せる「GPSロガーアプリ」もいろいろありますが、スマホでの位置情報取得はバッテリーが消耗するのが難点。だから「登山者」「サイクリング」「ライダー」向けには「GPSロガー」という専用機があります。有名なのは以下の「Garmin」。

logger

<出典:Garmin公式サイト

2)周辺情報を検索する
スマホでこの機能を使っている人は多いと思います。「近くの銀行ATMを検索」「近くで美味しいランチのお店を検索」などです。「周辺情報を検索」できるアプリも多数。「LINE」には、周辺にいる友だちを探す「ふるふる」機能があります。

3b91da63

<出典:LINE公式ブログ

3)ナビゲーション
GPSといえばまず「カーナビ」を思い出す人が多いと思います。車以外でも、「歩行者向け」「自転車用」「船舶用」向けのナビゲーションがあります。「視覚障害者向けナビゲーションアプリ」は、親切に道を教えてくれるので、方向音痴の人にも役立つそうです。道に迷いやすい人は一度使ってみては?

tekuteku

<出典:iTunes

4)捕捉・見守り・安否確認
人や物の現在地を知る機能です。電車通学する子どもや高齢者の見守り、探しもの、人の捜索など。車両の位置を捕捉する「タクシー配車」にも使われています。

5)走行支援
位置情報からは「速度」も計算できますから、「安全運転をキープ」「燃費改善」などでドライバーを支援します。

201503052238_1

<出典:GPS Punch!>

6)測量
「GPS測量」では、精度の高い位置情報を取得するため、複数のGPS受信機でできるだけ多くの衛星から信号を受信し、解析します。

7)土木・建設工事支援
「土木工事の確認」「進捗の記録」「資材管理」などでGPS活用が始まっています。

8)農業支援 
無人農薬散布ヘリの作業の進捗確認などに実用化されています。

agri

<出典:MAC-FACTORY

9)犯罪調査・追跡
よくある「車に発信機をつけて追跡」というのは、警察捜査ではまだ一般化していないようですが、今後は増えるのかもしれません。「GPS追跡」ができる製品やアプリも多数出ています。皆さんくれぐれも追跡されないよう気をつけてくださいね。

10)地殻変動調査
国土地理院では3.11の前後での地殻変動をGPS連続観測から調査した結果を発表しています。地震予知や火山噴火観測でも期待の新技術とされているようです。

11)アート・メッセージ
GPSログによる軌跡を「アート」にしてしまった日本人がいます。そして、プロポーズの言葉を「日本列島」に描きました。スゴイ!

12)位置ゲー
いろんな位置ゲーがありますね。「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー‘14」の優秀賞に選出された「Ingress」が一番勢いがあるんでしょうか。ゲームの世界では「位置情報」は、リアルとバーチャルをリンクさせる重要なファクターです。

ingress

<出典:Google Play

以上、GPSの12の活用事例でした。

■多様な機能でビジネスを支援する「GPS Punch!」は、上記のうち、1、2、3、4の機能があります。
そして今週、5つめの「走行支援」を含む、「安全走行支援機能」のサービスがスタートしました!こちらもぜひ、よろしくお願いいたします!

あわせて読みたい

知っているようで意外と知らなかった!~「GPSとは」(1)<GPSのしくみ>編~

GPSでいろんなモノが凄いことになっていた!~「GPSとは」(3)<製品・サービス編>~

※位置情報モバイルSFAの決定版 cyzen