GPS衛星によって、「今どこにいるか」がわかる。

この技術により、いろんなモノが新たに生まれたり、今までできなかったことができるようになったりしています。そんなモノたちの最新情報をご紹介します。

※位置情報モバイルSFAの決定版 cyzen

20150407

1)時計
GPS機能搭載の時計は他の機能もついたさまざまなメーカーから発売されています。
「GPSウォッチ」または「スマートウォッチ」などと呼ばれています。ランニングや山歩きのほか、普段の行動ロガーとして使う人も。日本では一歩リードしているのがエプソン「WristableGPS」シリーズ。そして4月24日には「Apple Watch」が発売です。今後の勢力図はどうなるのか気になります。

子どもの見守り用時計(日本未発売)や、ゴルフ用GPSナビ時計というのもありました。

2)カーナビ
最新カーナビでは最新技術「HUD」(ヘッドアップディスプレイ)が注目されています。フロントガラスに情報を投影。ドライバーの視野、数メートル先の前方に道案内情報が表示されます。曲がるべき道路に重なって「右折」の矢印が出るから、間違えることもありません。現状では「明るい場所だと見えづらい」などの声もあるようですが、どんどん技術が進歩して、HUDが当たり前になっていくのでしょうか?

3)自動運転車
カーナビの進化に驚いていたら、車はもっとスゴイことに。「自動運転車」が一般化したら、凄いカーナビも不要になってしまいます。

自動運転車は、グーグルが先行し、アップルがそれに対抗しています。もちろん自動車メーカー各社も取り組み中。クルマの近未来はどうなっていくのか、楽しみです。

4)ドローン
最近何かと話題のドローンは、無人航空機。人が行けない場所へも軽々飛んでいき、すでに「災害救助」や「特殊撮影」などに大活躍しています。アマゾンはドローンでの宅配を研究中。高層ビルなどの窓の外の空中に広告を出す「drone-vertising」という新しい手法も始まっています。

5)道案内してくれる靴
インドの企業が「振動で道案内をしてくれる靴」を2014年9月に発売開始しました。これを「履いてみた」っていう記事は見つかりませんでしたが、実際にどのくらい頼りになるのか気になります。

6)拡張現実メガネ
Google Glass が1月に発売中止になりましたが、その1か月後、ソニーが「SmartEyeglass」の開発者向けモデルを英国で発売することを発表しました。道を歩いているときに欲しい情報を投影。道案内もしてくれるメガネです。

7)その他にはこんなものも・・・
・「GPS機能搭載のスーツケース」
空港の手荷物受け取りで、「荷物届いてない!」という事件がときどき起こります。このスーツケースなら安心かも。
・「財布」
財布のGPS受発信機能は解除不能!だそうです。

あわせて読みたい

知っているようで意外と知らなかった!~「GPSとは」(1)<GPSのしくみ>編~

※位置情報モバイルSFAの決定版 cyzen