第5回 cyzen(サイゼン)大賞発表!

Detail of a orange rose flower on black slate with copy space

レッドフォックス株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:別所 宏恭、以下「レッドフォックス」)が開催している、ユーザーへの感謝の気持ちをお送りする企画「cyzen大賞」。第5回受賞者を発表いたします。

◆ cyzen(サイゼン)大賞とは・・・

「cyzen」は累計1,300社以上に導入され、各社の働き方改革に貢献しております。レッドフォックスはSaaS(Software as a Service)企業として、ただ「cyzenというツールを提供する」のではなく「cyzenという手段を用いて、成果を出しお客様を成功させる」ことを使命としてきました。
我々にとって、お客様にcyzenをうまくご活用いただき、実際に売上アップや残業削減などの成果を出されること以上の喜びはありません。cyzen大賞は、cyzenを普段からよくお使いいただいており、素晴らしい成果に繋がっているお客様に対して感謝の気持ちをお送りしている企画です。

◆ 第5回受賞者は近鉄ケーブルネットワーク株式会社様!

近鉄ケーブルネットワーク株式会社様は急なリモートワークへの移行においてもcyzenを利用して通常時と同様のお客様のサポート、煩雑になった出勤の勤怠管理を実現していることで、今回の受賞に至りました!

近鉄ケーブルネットワーク株式会社疋田氏よりコメントを頂いております。

「cyzen大賞をいただき、ありがとうございます。今回コロナウイルスの影響でリモートワークを実施するにあたり、煩雑になった勤怠管理にもすぐに対応できました。
また、通常時でもcyzenの導入により、サポートスタッフのアサインを効率的におこなうことができ、問い合わせから訪問までの時間短縮を実現できました。」

ーコロナウイルスの影響でリモートワークを実施しているということですが、cyzenをどのように活用していますか?

「ケーブルテレビの技術(サポート)部門は、コロナウイルスの状況下でも基本的に365日稼働しなくてはなりません。このような状況でもcyzenを使い、スタッフをアサインし通常通りに業務ができています。また、在宅ワークを実施している部署においては、リモートワークにより煩雑になった勤怠管理にも対応できています。」

ーcyzenを導入し組織はどのように変わりましたか?

「会社全体の取り組みとして営業チームと技術チームの連携をしよう。という取り組みをしました。部署が違うと業務がスムーズに進まないこともあるので、部署の垣根をなくすようなイメージですね。複数の部署でcyzenを利用し、今まで通り各々の業務を行いながらも会社として業務を一環するという面で役立っています。」

ーcyzen導入後、現場の反応や今後の課題はありますか?

「勤怠の押し忘れは発生しますね…。そこは定時頃にアラートのポップアップを出すことで対応しています。今後の課題としては現在、在宅勤務に移行したことによりどこまでの情報を管理するのかということです。派遣社員も多いため、慎重に進めていくポイントであると感じています。」

株式会社近鉄ケーブルネットワーク株式会社様、ありがとうございます!

 

◆「cyzen(サイゼン)」について

レッドフォックスが提供する「cyzen(サイゼン)」は、SWA(Smart Work Accelerator)というコンセプトで、無駄な業務フローを無くし、生産性向上を進めることで経営課題解決を実現するサービスです。
マネージャーが現場を管理するためではなく、現場業務で使いやすく、役に立つことが重視されているため、現場の行動変革が起こり売上アップや残業削減の成果に繋がります。累計導入実績は1,300社以上であり、従業員数1万人以上の大企業から、100人程度の中小企業まで幅広く導入され、業務効率化・労働生産性の向上に貢献しております。

◆ 会社概要

<近鉄ケーブルネットワーク株式会社>
『お客様との距離が近いこと』と、『距離の近さを活かしたサービスを軽いフットワークで提供できること』を強みとし、奈良県平野部を中心に、ケーブルテレビとインターネットサービスを展開している。
所在地:奈良県生駒市東生駒1丁目5番地
URL:https://www.kcn.jp/index.html

<レッドフォックス株式会社>
所在地:東京都千代田区丸の内三丁目2番3号丸の内二重橋ビル21F
URL:https://www.redfox.co.jp / https://www.cyzen.cloud

ご不明な点はお問い合わせください

0120-61-7799

お問い合わせ