営業向けのおすすめ日報アプリ11選(無料あり)と選び方のポイント

営業向けのおすすめ日報アプリ11選(無料あり)と選び方のポイント

営業向けの日報アプリを使ってみたいけれど、どんなものがあるのだろう、自分や会社に合った使えるアプリを知りたいと思っているのではありませんか?

そこで今回は、営業現場で役立つおすすめの日報アプリ11選を、その選び方4つのポイントと共にご紹介します。

これを読めば、あなたにぴったりの日報アプリを決めることができるはずです。
最適な営業アプリを選ぶために、この記事がお役に立てば幸いです。

新規CTA

営業の日報アプリを選ぶ際の4つのポイント

営業向けのおすすめ日報アプリ11選(無料あり)と選び方のポイント

日報アプリを選ぶ際には、自分や自分の会社に必要な機能が入っていることが必要です。
1章では、営業向けの日報アプリを選ぶ際に、重視すべきポイントをご説明します。

これをふまえたうえで、2章でお伝えするおすすめの日報アプリ11選を読めば、その中からあなたの会社やチームにぴったりのアプリがスムーズに見つかることでしょう。

導入目的を決める

どのようなツールであっても、導入目的が明確でないと導入後の成果に繋がりません。
何のために日報アプリを導入したいのか?という部分をまずは明確にしましょう。

「上司へのホウレンソウのために、単純に毎日の活動を報告させたい」のであれば、簡単な日報アプリでいいでしょうし、「日報を通じて現場の営業活動を見える化、データ化したい」のであればSFA機能がついているものを選んだ方が良いでしょう。

まずは、何のために日報アプリを導入したいのか?という部分を考え導入目的を明確にする必要があります

SFA連動型か、日報管理のみかを決める

日報アプリは大きく分けると、「SFA連動型」「日報管理専用型」に分類されます。

どちらを重視すべきか、チームや会社の特性や日報アプリを導入する目的について考えましょう。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

■SFA連動型

  • 日報作成はあくまで1つの機能であり、営業現場を効率化する多様な機能がある
  • 営業日報をデータ化し、現場を「見える化」して次のPDCAに繋げられる
  • 「日報管理のみ」のアプリに比べると比較的コストは高い

■日報管理のみ

  • 無料版もあるなど、比較的低コストで始められる
  • 機能が少ないので使いやすい
  • あくまで「日報管理」しかできないので、その後のデータ活用などは難しい

営業組織全体の効率化が必要であるなら「SFA連動型」を選ぶべきですし、単純に「ホウレンソウ」をさせることが目的なら「日報管理のみ」のアプリを選ぶのが良いでしょう。

予算を決める

個人で使うかチームで使うかにも関わってきますが、アプリを使うにあたり、予算を決めておきましょう。アプリは無料のものも有料のものもあり、初期費用がかかるものもあるので、予算を度外視すると選ぶのが大変になるからです。

SFA連動型のものを使いたいのであれば、基本的に有料であり1人当たり月間数千円~数万円の料金がかかるでしょう。
日報管理のみが必要であるなら無料のものでも十分かも知れません。

ますは日報アプリの導入目的を明確にし、それに合った予算感を決めておくことが重要です。

使いやすく負担のないものを選ぶ

日報アプリを選ぶ際は、操作が複雑ではなく、負担にならないものを選びましょう。
アプリを使うのは業務を効率化したり簡略化したりするためなので、使い方が難しいと導入する意味がなくなってしまいます。

実際に現場の営業パーソンが行っている業務フローの中に、無理なく組み込めるかどうかを確認する必要があるでしょう。
営業パーソンが外で簡単に使うことを考えると、PCではなくスマホやタブレットなどのモバイルデバイスへの対応は必須です。

また、初期設定や運用開始までの期間がどれくらいかかるかも確認する必要があるでしょう。日報管理アプリを使う場合は、導入がゴールではなく、スタートです。
いかに早く運用を開始できるかによってその後の成果が変わってきますので、簡単に初期設定や運用開始できるツールを選びましょう。

【使いやすさを実感するための3つのチェックポイント】

  • 実際にスマホアプリやPCの操作デモを見てみる
  • 現場の業務フローの負担にならないかを確認する
  • 運用開始までの初期設定にかかる時間をチェックする

営業現場で役立つおすすめの日報アプリ11選

実際に営業現場で役立つ日報アプリをご紹介していきましょう。
特徴や機能のほか、どれだけの会社で使われているか、どんな人におすすめかということもご説明します。

cyzen(サイゼン)<有料・SFA連動>

cyzen_lp

出典:cyzen公式サイト https://www.cyzen.cloud/

【特徴】

・行動データを自動で取得するので、現場の負担がかなり低い
・消費者向けスマホアプリと同じような操作感で、誰でも簡単に使える
・営業だけでなくメンテナンスやラウンダー、配送など「外勤業務」全般で使える
・運用が簡単で、標準で専任のコンサルタントのサポート付き

【導入実績】

累計1,300社以上

【利用料金】

※要見積もり
お客様の解決したい課題、達成したい目標をヒアリングし、最適なプランをご提案します。

【こんな人におすすめ】

・単純な日報管理だけでなく、売上アップなどの成果に繋げたい方
・営業現場が属人化していて、見える化を行いたい方
・現場の行動量をアップさせたい方
・SFA導入が初めて、あるいは導入経験はあるが成果に繋がらなかった方

cyzen公式サイトはこちら▶︎https://www.cyzen.cloud/

Salesforce <有料・SFA連動>

02Salesforce-680x468

出典:Salesforce公式サイト  https://www.salesforce.com/jp/

【特徴】

・世界No.1CRM
・日報管理だけでなく、SFA/CRM/MAとの連携ができる
・多機能であり、企業ごとに個別カスタマイズオプションもある


【導入実績】

世界で15万社以上


【利用料金】

すべて1人当たり(税別)の料金
Essentials:3,000円/月
Professional:9,000円/月
Enterprise:18,000円/月
Unlimited:36,000円/月


【こんな人におすすめ】

・SFA/CRM/MAをシームレスに連動させたい方
・営業組織が「THE MODEL」型の分業制組織になっている方
・ITリテラシーが高く、SFAの運用経験が豊富な方

Salesforce公式サイトはこちら▶︎https://www.salesforce.com/jp/

BeWorks <有料・日報管理のみ>

営業向けのおすすめ日報アプリ11選(無料あり)と選び方のポイント

出典:Beworks公式サイト http://beworks.net

【特徴】

・業務日報と営業日報を分けて入力でき、顧客や案件にひもづいた日報を作成できる
・納期や予算、担当者などの案件を登録できる
・個人別、顧客別の集計ができる


【導入実績】

50社以上


【利用料金】

初期費用:無料
基本料金:1契約5,000円/月
ライセンス料:1ユーザー1,000円/月


【こんな人におすすめ】

・営業スケジュールをチームで共有したい人
・個人ごとの案件や損益を分析したい人
・データ作成を簡単にしたい人

Beworks公式サイトはこちら▶︎http://beworks.net

houren.so<有料・日報管理のみ>

営業向けのおすすめ日報アプリ11選(無料あり)と選び方のポイント

出典:houren.so公式サイト https://www.houren.so

【特徴】

・気になるところや現場を撮影し、業務終了時にコメントと共にアップするだけで日報作成
・GPS機能で写真を自動仕分けできる
・写真に書き込みをして、コミュニケーションがとれる


【利用料金】

フリープラン:3グループまで無料
有償プラン:2,500円〜/月 グループ無制限


【こんな人におすすめ】

・営業資料に写真を多用する人
・文章での報告が必要ない人
・難しい操作をしたくない人

houren.so公式サイトはこちら▶︎https://www.houren.so

nanoty <有料・日報管理のみ>

営業向けのおすすめ日報アプリ11選(無料あり)と選び方のポイント

出典:nanoty公式サイト http://www.nanotybp.jp

【特徴】

・何の業務を行ったか、良かった点、改善点などを入力できる
・メンバーの日報にリアクションをし、営業ノウハウの共有ができる
・目標達成やタスク管理の機能があるので、モチベーションをあげられる

【導入実績】

2000社以上

【利用料金】

初期費用:無料
1人あたり:500円/月(14日間無料体験あり)

【こんな人におすすめ】

・日報をベースに営業活動内容の共有をしたい人
・作業時間を見える化したい人

nanoty公式サイトはこちら▶︎http://www.nanotybp.jp

kintone <有料・SFA連動型>

営業向けのおすすめ日報アプリ11選(無料あり)と選び方のポイント

出典:kintone公式サイト https://kintone.cybozu.co.jp

【特徴】

・営業日報のフォーマットを統一し、報告内容が統一化できる
・登録されているデータをもとにグラフ作成や集計ができるのため、時間短縮になる。
・スマホやタブレットに対応しているので、外出先からの日報作成が可能。

【導入実績】

10,000チーム以上

【利用料金】

初期費用:無料
スタンダードコース:1ユーザーあたり:1,500円/月
ライトコース:1ユーザーあたり:780円/月

【こんな人におすすめ】

・顧客情報をチームで共有したい人
・日報をベースに進捗を見える化したい人
・スマホから見積もり作成や申請業務をしたい人

kintone公式サイトはこちら▶︎https://kintone.cybozu.co.jp

LINE WORKS <無料・日報管理のみ>

営業向けのおすすめ日報アプリ11選(無料あり)と選び方のポイント

出典:LINE WORKS公式サイト https://line.worksmobile.com/jp/

【特徴】

・社内や取引先とチャットができるビジネス版LINE
・組織やプロジェクトのメンバーとファイルを共有できる
・管理機能やセキュリティが充実している


【導入実績】

27,000社以上


【利用料金】

無料(有料版もあり)

【こんな人におすすめ】

・移動中に日報作成や資料確認をしたい人
・チームでビデオ会議をしたい人
・導入に時間をかけず、気軽に試してみたい人

LINE WORKS公式サイトはこちら▶︎https://line.worksmobile.com/jp/

クラウド日報Nipo <無料・日報管理のみ>

営業向けのおすすめ日報アプリ11選(無料あり)と選び方のポイント

出典:Nipo公式サイト https://nipo.sndbox.jp

【特徴】

・日報やチェックシートをエクセルで集計できる
・日報をシステム化できる
・スマホやタブレットで日報作成できるので、時間を短縮できる
・支店単位でも部門単位でも柔軟に始められる


【利用料金】

シルバープラン:無料
ゴールドプラン:人数により変動(例:20名・3,750円/月)


【こんな人におすすめ】

・営業チェックシートを利用したい人
・営業日報作成の負担を減らしたい人
・日報を管理し、活用したい人

Nipo公式サイトはこちら▶︎https://nipo.sndbox.jp

GROUPSESSION <無料・日報管理のみ>

営業向けのおすすめ日報アプリ11選(無料あり)と選び方のポイント

出典:GROUPSESSION公式サイト https://groupsession.jp/index.html

【特徴】

・ユーザー数無制限が無料で使える
・チームでスケジュールや在籍管理など情報を共有できる
・日報や案件の登録が簡単にできるだけでなくスケジュールや稟議、在席管理など日本企業の文化に合わせた機能がある


【利用料金】

無料(有料プランもあり)


【こんな人におすすめ】

・日報などのワークフローを簡略化したい人
・業務の効率化を図りたい人
・初めてグループウェアを導入する人

GROUPSESSION公式サイトはこちら▶︎https://groupsession.jp/index.htm

GRIDY <無料・日報管理のみ>

営業向けのおすすめ日報アプリ11選(無料あり)と選び方のポイント

 

出典:GRIDY公式サイト https://ksj.co.jp/knowledgesuite/free/

【特徴】

・日報とスケジュール管理などの機能を連携できる
・社内だけでなく、社外のユーザーとも連携できるので、営業先との情報共有も可能。
・アクセス制限などセキュリティが固い


【利用料金】

無料


【こんな人におすすめ】

・日報に限らずオールマイティな機能がほしい人
・コストを抑えたまま、効率化を図りたい人

GRIDY公式サイトはこちら▶︎https://ksj.co.jp/knowledgesuite/free/

 

IEYASU日報管理 <無料・日報管理のみ>

営業向けのおすすめ日報アプリ11選(無料あり)と選び方のポイント

出典: IEYASU日報管理公式サイト https://nippo.ieyasu.co

【特徴】

・ベンチャー企業のためのクラウド日報管理システム
・外出の多い営業マンでもスマホから日報作成が可能
・予定メールなどをプッシュ通知で受け取ることができ、スケジュール管理も簡単


【導入実績】

50社以上

【利用料金】

完全無料

【こんな人におすすめ】

・個人で日報作成をしたい人
・スケジュール管理をしたい人

IEYASU日報管理公式サイトはこちら▶︎https://nippo.ieyasu.co

まとめ

営業向けの日報アプリを最大限活用するために、自分や会社の導入目的にぴったりあったものを選ぶ必要があります。

今回は、「価格」「タイプ」「機能」「使いやすさ」という4点の選び方のポイントをお伝えすると共に、多くの会社で使われている有料・無料含め11種のおすすめ日報アプリをご紹介しました。

これをふまえて、チームや組織の課題や目的にあったアプリを選び、日報作成をいっそう価値あるものにしていきましょう。

横溝 龍太郎 レッドフォックス株式会社 COO

この記事の監修者

横溝 龍太郎 レッドフォックス株式会社 COO

ヤマハ発動機株式会社においてブランドマネジメント、マーケティング、新規事業構築、事業企画、役員秘書などに携わる。『パスクル』プロジェクトリーダーとして、グッドデザイン賞受賞、シェア50%達成に貢献。    2016年にレッドフォックス入社。マーケティング、PRの責任者。 2018年に取締役COO就任。 グロービス経営大学院修了(MBA)成績優秀者(TOP5%)。

併せて読みたい

保険業界の営業を効率化する営業支援アプリとは?SFA/CRMではなくSWAでデジタル化を促進
保険業界の営業を効率化する営業支援アプリとは?SFA/CRMではなくSWAでデジタル化を促進
銀行業界の営業を革新するSFAとは?スマホ最適なSWAで営業の生産性を向上
銀行業界の営業を革新するSFAとは?スマホ最適なSWAで営業の生産性を向上
cyzen_detail