チームワークを築くために大切な3つのポイント
チームワークとは、お互いの弱みを補いつつ、強みを高め合うことによって相乗的な力や効果を生み出す共同動作です。
仕事においてチームワークが大切な理由やメリットについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

本記事ではチームワークを築くために必要なマネジメントスキルとメンバーの行動について詳しく解説しています。組織のリーダーや管理者におすすめの記事です。

1.仕事でチームワークを築くメリット

・一人では難しい高い目標を達成できる
・メンバーのモチベーション向上につながる
・組織としての対応力が上がる
・個人のパフォーマンス向上につながる
・変化の激しいビジネス環境に適応できる


仕事においてチームワークを向上させるメリットや効果は、個人ではやり遂げることのできない大きな仕事をチームメンバーとの連携により実現可能になることや、それぞれの弱みを補完して強みを高めることで組織全体の生産性が上がることです。

また、メンバー間で補完しあうためにコミュニケーション情報共有が活発になることでお互いを刺激し、個人のパフォーマンスが向上、結果的に組織全体の対応力が強化されます。

Sales_soshiki

2.仕事でチームワークを築くために大切なこと

チームワークを築くためには、管理者やマネージャー、メンバーを含め組織全体でチームワークを大切にしようと意識することが重要です。チームワークを築くにはまず第一に信頼関係がベースとなりますが、仕事や職場での信頼関係の構築はなかなか難しいのではないでしょうか。

組織で信頼関係が築けない大きな理由は「疑い」が生じてしまうことが大きな要因と言えます。営業の組織を例に挙げると、成果が出ない社員に対して活動が見えないと、本当に商談してるのかという疑いや、不満や不信感を抱いてしまいます。 チームワーク

しかし、仕事では売上や成果、上司からの評価という視点から純粋な信頼関係を築くことが難しいケースがほとんどです。
そこで、組織としてチームワークを高めるための取り組みとして「信頼関係を築く仕組み」を作ることが重要です。 仕組みを作る3つのポイントを解説します。

仕事で信頼関係を築く仕組みを作るポイント3つ 

①活動の可視化と共有
②活発なコミュニケーション
③情報の共有

毎日の活動を共有する仕組みがあれば、活動に対しての疑いが大幅に軽減されます。日報業務報告を共有し、いつでも誰でも見れるように しておくだけでも大きな効果があります。

顧客要望の共有、業界の新たな情報や顧客との商談で得た知識、受注報告などリアルタイムに気軽に情報共有や質問ができる場も信頼関係の仕組みに役立ちます。社内の掲示板やメール、気軽に使えるチャットが有効です。

3.チームワークを築くために必要なマネジメントスキル

チームワークを構築するためのマネジメントは「信頼関係を築く仕組み作り」がメインになりますが、数値やデータだけでは分からない定性的な情報の収集フォードバックも行うようにしましょう。

①各メンバーの業務を明確にする

各自の担当する業務を明確にし、誰が何を担当しているのかを各メンバーが把握できるようにしておくようにしましょう。担当が明確であることが各自の責任感の向上に繋がる上、質問やサポートが必要な時にスムーズな連携が取れるようになるメリットがあります。

②具体的な目標設定と共有

各自の業務区分を明確にした上で、具体的な目標設定をしましょう。また、設定した目標と進捗状況も共有することで賞賛、また困っているメンバーのサポートなどチームへの刺激や一体感も強くなります。

③適切なフィードバックと評価

チームで成果をあげることが目的ですが、各メンバーのバックグラウンドや経験は様々です。データや数字で表れる成果だけでなく、結果までのプロセスやメンバーの考えなどをヒアリングを行いチームとして成果が上がるようフィードバックや改善をし続けることが重要です。

Sales_soshiki

4.チームワークを築くために必要なメンバーの意識

チームワークを築き、高めていくためにはマネジメントに加え、各メンバーも「チームワークを築く」ことを意識して業務を進める必要があります。
メンバーが意識をするべきポイントをまとめました。

・目標達成意識
・責任感
・自律性
・情報共有
・向上心

目標達成意識

明確にした目標をチームでも個人でも必ず達成するという意識が重要です。前述の目標を具体的に設定する理由は達成の角度を上げるためです。ひとりひとりの強い達成意識があれば、難しい状況に置かれても「どうしたらいいのか」をチームで考えることができます。

責任感

各自で分担している業務に対して責任感を強く持つことは重要です。他責にしたり課題から逃げることがあれば、チームワークは築けません。
ミスや失敗が許されないということではありません。どんな業務でも失敗やミスは起きるものです。そのような時でも業務や課題に真摯に向き合う必要なときに助けを求めるなど、業務に対して責任を強く持つことがチームワークを築く上で重要になります。

自律性

「チームワーク」と聞くと、仲良くみんなで仕事をする。というようなイメージがあるかもしれません。しかし、大事なのは自分で考えて行動し、必要な時にチームを巻き込んだり、連携をすることです。
また、自分の業務だけでなくチーム全体を俯瞰し、課題を発見するなどひとりひとりがチームを作っているという意識を持つことが大事です。

情報共有

チームワークにおいては、常にチームメンバー全員と情報を共有しておくことが大切です。チームで仕事をすることは、自分の言動すべてが他のメンバーに影響を与えます。自分が担当する業務にとって良しと判断した行動が、チーム全体に悪影響を及ぼしてしまうケースも起こり得るのです。
報告・連絡・相談を頻繁に行うことで各メンバーが今どのような状況にあり、どのような問題を抱えているのかを把握しておく必要があります。そうすることで互いの理解と信頼感を深めることに繋がります。

向上心

メンバー各自が向上心を持ち、設定された目標に向かって同じ気持ちで取り組まなければ、チームはその力を十分に発揮することができません。
各メンバーの向上心による活動、結果がチームにとっていい刺激となります。お互いに意識を高め合うことが結果的に組織全体の成果向上になります。向上心を常に持つことも重要です。

Sales_soshiki

5.チームワークの良い職場を作るための取り組み

チームワークのいい職場を作るためには活発なコミュニケーション業務の連携可視化への取り組みが必要です。自然にできていれば問題はないのですが、それぞれの業務をしながら意識し、行動することは難しいのではないでしょうか。
そこで組織としてはチームワークを築くための仕組みを作ることが効果的です。

チームワークの良い職場を作るための取り組み例 ①日報や業務報告の共有
②コミュニケーションツールの活用

①日報や業務報告の共有

業務を可視化するために、日報や業務報告を共有することでチームメンバーの状況を把握することができます。業務や日々の成果を共有することで、メンバーへのいい刺激になったり経験、知識の共有にも繋がります。

エクセルやメールでの共有という方法もありますがどこからでもリアルタイムにメンバーの活動が可視化できる日報、業報告ツールの活用もおすすめです。

②コミュニケーションの機会をつくる

直接のコミュニケーションを活性化できることに越したことはないですが、リモートワークや外回り業務、タイミングが合わないなど直接顔を合わせる機会は少ないものです。週1や出社直後など集まる時間を決めるなど工夫が必要です。

メールなどを活用する方法もありますが、ちょっとした質問や共有したい情報を送ることができるチャットツールがおすすめです。

6.まとめ

チームワークを築くためにはひとりひとりの意識が大切ですが、実際には難しいため「チームワークを築く仕組み」をつくることが重要です。マネジメントに加え、ツールを活用することでより効率的にチームワークを高めることができます。
組織や業務によって使いやすいツールは異なります。自社にあったチームワークを高める仕組みをつくるツールを探してみてはいかがでしょうか。新規CTA

 

横溝 龍太郎 レッドフォックス株式会社 COO

この記事の監修者

横溝 龍太郎 レッドフォックス株式会社 COO

ヤマハ発動機株式会社においてブランドマネジメント、マーケティング、新規事業構築、事業企画、役員秘書などに携わる。『パスクル』プロジェクトリーダーとして、グッドデザイン賞受賞、シェア50%達成に貢献。2016年にレッドフォックス入社、マーケティング・PRの責任者を務め、2018年に取締役COO就任。

新規CTA

併せて読みたい

営業とは?仕事内容と種類・必要なスキルと向いている人の特徴
営業とは?仕事内容と種類・必要なスキルと向いている人の特徴
リーダーとして大切なこと|役割と具体的な業務・必要なスキル
リーダーとして大切なこと|役割と具体的な業務・必要なスキル
cyzen_detail