デスクレスワーカーとフィールドワーカーの仕事を成功に導く!2024年最新ソリューションと成功事例

2024年06月26日(水) 横溝 竜太郎

デスクレスワーカーとフィールドワーカーの仕事を成功に導く!2024年最新ソリューションと成功事例

INDEX

紹介資料

3分でわかるcyzenのすべて

スマホで簡単に使える 営業活動管理アプリ

営業活動管理アプリの説明
資料を無料ダウンロード

1.はじめに

現代の働き方は、多様化とテクノロジーの進化により大きな変革を迎えています。特に世界の労働力の 80%(※)に相当すると言われている「デスクレスワーカー」や「フィールドワーカー」の働き方改革が注目されはじめています。
本記事では、これらのワーカーの定義や職種、働き方の違いを詳しく解説します。

エマージェンス・キャピタルの調査より

デスクレスワーカーとは?

デスクレスワーカーとは、オフィスのデスクに縛られずに働く従業員のことを指します。彼らはスマホなどのモバイルデバイスやリモートアクセスツールを駆使して、場所を問わず業務を遂行します。小売スタッフや医療従事者、物流スタッフ、製造業のライン作業員、飲食業のスタッフなどがこのカテゴリーに含まれます。

これらの職種は、主に現場や顧客との接点で直接業務を行うため、デスクに座っての仕事が難しい環境にあります。

フィールドワーカーとは?

フィールドワーカーとは、現場や外部で業務を行う従業員を指します。彼らの仕事は、顧客先や建設現場、調査現場など特定の場所で行われ、現場での作業が中心です。セールス担当者やメンテナンス技術者、フィールドエンジニア、調査員、配送ドライバーなどがフィールドワーカーに該当します。

これらの職種は、頻繁に移動しながら業務を遂行するため、現場での迅速な対応や柔軟性が求められます。

 

2.デスクレスワーカーとフィールドワーカーの違いと共通点

30010872_m

働き方の違い

デスクレスワーカーとフィールドワーカーは、働き方にいくつかの違いがあります。


■デスクレスワーカー
主にオフィス外でモバイルデバイスを使用して仕事をする人々です。例えば、小売業や医療、物流、飲食業などの現場で働くことが多いです。彼らは固定されたデスクを持たず、どこからでも業務を行うことができます。

■フィールドワーカー
現場や顧客先での作業が中心となる職種です。例えば、営業担当者、メンテナンス技術者、フィールドエンジニア、調査員などが含まれます。彼らは頻繁に移動しながら仕事を進めるため、特定の作業場所が決まっているわけではありません。

 

共通する課題と解決策

デスクレスワーカーとフィールドワーカーは、それぞれ異なる環境で働いていますが、以下の共通する課題に直面しています。


■コミュニケーション不足
オフィスにいないため、チーム内の連携や情報共有が難しい。


■データセキュリティ
モバイルデバイス使用による情報漏洩のリスク。

■業務効率化
効率的なスケジュール管理とタスクの優先順位設定が求められる。



これらの課題を解決するための主なソリューションには、以下のようなものがあります。

 

■効率的なコミュニケーションツールの導入
チャットアプリ、ビデオ会議ツールなどを使用して、リアルタイムでの情報共有を促進。

■クラウドベースのデータ管理
データの一元管理とリアルタイムアクセスを実現し、情報の一貫性とセキュリティを確保。

■スケジュール管理ツール
効率的なスケジュール管理を支援するツールを活用して、タスクの優先順位を設定し、業務効率を向上。
2538282_m

3.テクノロジーがもたらす解決策

現代のテクノロジーは、デスクレスワーカーとフィールドワーカーの業務効率を大幅に向上させるための多くの解決策を提供しています。

モバイルデバイスとアプリケーションの活用

モバイルデバイスと専用アプリケーションの利用により、デスクレスワーカーとフィールドワーカーは、どこからでもリアルタイムに情報にアクセスし、業務を遂行できます。

クラウドベースのツールとシステムの活用

クラウド技術の導入により、データの一元管理とリアルタイムアクセスが可能になります。これにより、デスクレスワーカーとフィールドワーカーは、場所を問わず必要な情報にアクセスできます。

IoTとデータ活用

IoT(Internet of Things)技術とデータ分析の活用により、現場での状況把握と効率的な業務管理が可能になります。

これらのテクノロジーを活用することで、デスクレスワーカーとフィールドワーカーは、より効率的かつ効果的に業務を遂行することが可能になります。企業全体の生産性向上と競争力の強化に寄与するため、積極的な導入と活用が求められます。

4.デスクレスワーカーとフィールドワーカーにおすすめのソリューション

デスクレスワーカーとフィールドワーカー向けのおすすめソリューションをご紹介します。

コミュニケーションツール

デスクレスワーカーとフィールドワーカーの両方にとって、効率的なコミュニケーションツールの導入は必須です。チャットアプリ、ビデオ会議ツール、コラボレーションプラットフォームなどを活用することで、チーム内の情報共有がスムーズになります。

■チャットアプリ
Slack、Microsoft Teamsなどのリアルタイムチャットアプリを利用することで、即時のコミュニケーションが可能になります。

■ビデオ会議ツール
Zoom、Google Meetなどを使用して、遠隔地にいるチームメンバーとも簡単に会議を開けます。

■コラボレーションプラットフォーム
Asana、Trelloなどのプロジェクト管理ツールを活用して、タスクの進捗を共有し、効率的に業務を遂行できます。


データ共有ツール

リアルタイムでのデータ共有は、業務効率の向上と迅速な意思決定に欠かせません。クラウドベースのツールを活用することで、どこからでもデータにアクセスし、情報を共有できます。

■クラウドストレージ
Google Drive、Dropboxなどを使用して、ドキュメントやファイルをチーム全体で共有し、共同編集が可能です。

■データ管理システム
Salesforce、SAPなどのCRMシステムを利用して、顧客情報や業務データを一元管理し、リアルタイムでのアクセスを実現します。

スケジュール管理ツール

スケジュール管理は、デスクレスワーカーとフィールドワーカーの両方にとって重要です。効率的なスケジュール管理ツールを使用することで、業務の計画と調整がスムーズに行えます。

■スケジューリングツール
Google Calendar、Microsoft Outlookなどを使用して、スケジュールを一元管理し、調整を容易にします。

■タスク管理システム
Todoist、Monday.comなどのタスク管理システムを利用して、タスクの優先順位を設定し、進捗を追跡します。

リアルタイムの状況把握ツール

現場での状況をリアルタイムで把握し、迅速に対応することが求められます。IoTデバイスやモバイルアプリを活用することで、現場の状況を常に監視し、異常が発生した際には即座に対応することができます。

■IoTデバイス
機器や環境の状態をリアルタイムで監視するためのセンサーを導入し、データをクラウドに送信して分析します。

■モバイルアプリ
現場でのデータ収集や報告を行うための専用アプリを使用して、迅速な情報共有と対応を実現します。

安全性とリスク管理ツール

業務の安全性を確保し、リスクを最小限に抑えることは、デスクレスワーカーとフィールドワーカーの両方にとって重要です。適切なツールとプロセスを導入することで、安全管理を強化します。

■リスク管理ツール
Resolver、RiskWatchなどを使用して、潜在的なリスクを評価し、対策を講じます。

■安全管理システム
SafetyCulture、iAuditorなどの安全管理システムを導入し、現場の安全性を常に監視します。


これらのソリューションを導入することで、デスクレスワーカーとフィールドワーカーの業務効率と安全性を向上させることができます。企業全体の生産性向上と競争力の強化に寄与するため、積極的な導入と活用が求められます。

関連記事:
CRMツールの基本8機能・導入目的別3タイプ・3大効果とおすすめ6選

SFA(営業支援システム)とは?完全解説!導入から運用までこれを読めばOK!

 

紹介資料

3分でわかるcyzenのすべて

スマホで簡単に使える 営業活動管理アプリ

営業活動管理アプリの説明
資料を無料ダウンロード

5.アプリ導入で大成功!デスクレスワーカーとフィールドワーカーのアプリ活用事例

デスクレスワーカーとフィールドワーカーの働き方に特化したcyzenの導入により、GPSを活用とした行動の見える化、業務の効率化、データ共有の向上、スケジュール管理の最適化を実現し、企業全体の生産性が向上した事例をご紹介します。

株式会社幸和グループの成功事例

■背景と課題 
株式会社幸和は、リフォーム業界で「ナチュリアコート」などの抗酸化建築資材を提供しています。営業活動の効率化が課題で、特に属人化したスケジュール管理や現場の動きの不透明さが問題でした​。


■導入と成果 
cyzen導入により、GPSを活用した活動の見える化が実現し、顧客情報のマッピングや報告書の作成が簡単になりました。これにより、近隣の顧客への訪問が増えて、案件数が増加。導入後、粗利率が15%改善し、現場社員の意識改革にもつながりました。また、現場の動きが把握できるようになり、営業活動の効率化と効果的な指示が可能となりました​ ​。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
cyzen導入で実現した15%の粗利率向上!リフォーム訪問営業でのIT活用事例~株式会社幸和様~

株式会社MIYAGOの成功事例

■背景と課題 
株式会社MIYAGOは、清掃業務において外国人労働者の活用を進めています。作業の効率化と透明性の向上が求められていました。

■導入と成果 
cyzen導入により、清掃業務の見える化が進みました。GPS機能を活用して、出勤・退勤の確認、現場での動きの確認が可能となり、従業員の労働状況を把握しやすくなりました。また、従業員の意識が改善されました。これにより、業務の効率化と透明性の向上が実現しました。特に、外国人労働者にも使いやすいインターフェースが評価されています。


詳しくはこちらの記事をご覧ください。
外国人労働者も使いやすい!cyzen導入で清掃業務の効率化と透明性向上

 

6.まとめ

デスクレスワーカーとフィールドワーカーの役割は今後ますます重要になっていくでしょう。テクノロジーの進化により、これらのワーカーはさらに効率的に業務を遂行し、柔軟な働き方を享受できるようになります。モバイルデバイスやクラウドベースのツールが普及することで、場所に縛られずに高い生産性を維持できる環境が整いつつあります。

今後のトレンドと予測

リモートワークのさらなる拡大: テクノロジーの進化により、リモートワークが一層広がると予測されます。特にデスクレスワーカーは、場所を選ばずに働ける環境が整うことで、柔軟な働き方が標準化していくでしょう。

■IoTとAIの活用
IoTデバイスとAI技術の導入が進み、データのリアルタイム収集と分析が可能になります。これにより、現場での迅速な意思決定と効率的な業務遂行が実現します。

■持続可能な働き方の推進
環境への配慮や働き方改革が進む中で、持続可能な働き方が重要視されます。テクノロジーを活用して業務効率を高めると同時に、ワークライフバランスを維持することが求められます。

企業が取るべきアクション

■テクノロジーの導入と教育
最新のテクノロジーを積極的に導入し、従業員に対して適切な教育とトレーニングを提供することが重要です。これにより、全従業員が新しいツールを効果的に活用できるようになります。

■柔軟な働き方の推進
デスクレスワーカーとフィールドワーカーが効率的に働けるように、柔軟な働き方を支援する制度を整えることが求められます。リモートワークやフレックスタイム制などを導入し、働きやすい環境を提供しましょう。

■データセキュリティの強化
モバイルデバイスやクラウドベースのツールを使用する際には、データセキュリティの強化が不可欠です。適切なセキュリティ対策を講じることで、情報漏洩やサイバー攻撃のリスクを最小限に抑えることができます。

■持続可能な経営の実践
環境に配慮した経営を実践することで、企業の社会的責任を果たすとともに、従業員のエンゲージメントを高めることができます。エネルギー効率の改善やリモートワークの推進を通じて、持続可能な働き方をサポートしましょう。


デスクレスワーカーとフィールドワーカーの未来を見据えた戦略的なアプローチにより、企業は競争力を維持し、成長を続けることができます。これらのアクションを実行することで、変化する労働環境に適応し、成功を収めましょう。

紹介資料

3分でわかるcyzenのすべて

スマホで簡単に使える 営業活動管理アプリ

営業活動管理アプリの説明
資料を無料ダウンロード

あわせて読みたい関連記事

マガジントップへ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-1781-0601

9:00〜18:00(年末年始・土日・祝祭日を除く)

3分でわかる! 資料を無料ダウンロード資料ダウンロード 無料トライアルをはじめる無料トライアル

請求資料・無料トライアル・cyzenに関するご質問やご相談など
お気軽にお問い合わせください。

3分でわかる! 資料を無料ダウンロード 無料トライアルをはじめる
メールでお問合せはこちら

お電話でのお問い合わせ

050-1781-0601

9:00〜18:00(年末年始・土日・祝祭日を除く)

ご契約中の方はこちら

カスタマーサポート専用ダイヤル

050-1781-0600