正しいデータが蓄積することで、正しい分析が可能に!

showcase
他の事例を見る
 


食品

 業種 製菓の開発・製造・販売
 従業員数 100~500名
 業務内容 全国規模の製菓の販売。
直営店やデパートに商品を置いて販売している。

 

 

課 題
・Excelや紙ベースの業務報告書は効率が悪い
・営業が回りきれておらず、機会損失が多い
営業活動のプロセスが不明瞭

 

解決策
cyzenで業務報告書の書式を統一
・移動開始時や店舗訪問時にスマホで報告する
・マップ上に顧客情報を表示し、効率的に訪問

 

成 果
・報告時間が削減されることで直行直帰が可能に
・営業活動が効率化され、機会損失が減る
営業の活動内容がリアルタイムに確認可能に

 


直行直帰が可能になり、残業時間も短縮

onsite-screen-03

営業個人ごとにExcelや紙で報告業務を行うフローは非常に効率が悪く大変です。

それらの形式では書式が均一化されていないことが多く記入や確認に非常に時間がかかってしまう上に、会社に戻らないと記入することができないなどの問題も存在します。

しかしcyzenの報告書を利用することで報告書の書式の均一化も簡単にでき、スマホで現地から短時間で入力することが可能になります。

報告業務のためにわざわざ帰社する必要がなくなるため、直行直帰が可能になり残業時間も短縮できます

機会損失とコミュニケーション

このような業種で一番避けなければならないのは機会損失です。onsite-screen-04

近年ショーケースを挟んでの対面形式での販売が減り、商品が棚に陳列されているだけという販売方式が増えてきています。
そのような店舗側では商品の補充や賞味期限等の管理を積極的に行ってくれないことも多いため、棚に十分な数の商品がないという状況が発生してしまいます。
これでは販売の機会損失が起こってしまいます

防止するためには、定期的に店舗を回って棚の状況を確認・補充する必要があります

cyzenでは顧客の情報を重要度別にマップ上で表示することができるため、効率的に訪問することが可能になります

さらにマネージャーがリアルタイムで報告を閲覧することができるため、即時のフィードバックを行うことで迅速な営業活動の改善が可能になる上、口頭での報告業務を削減することもできます

正しいデータ利用

訪問件数を増やすためには、移動距離あたりの訪問件数について分析し改善することが重要です。

しかし、この正しい分析と改善を行ったとしても成果が出ない場合があります。

それは分析するためのデータがそもそも正しくない場合です。

データ分析をするために最も重要な点は、分析するデータが正しものであるということです。

どんなに分析する方法が正しくても、分析するデータが正しいものでなければ正しい営業戦略を立てることができません。

onsite-screen-02

例えば個人ごとのExcelや紙での営業日報だと、会社全体の訪問件数がわからなかったり、そもそも訪問の情報自体が全然蓄積しないという問題が起こりえます。

これでは正しいデータが蓄積しているとはいえません。

スマホで現地から簡単に報告できるcyzenは、営業担当者の報告へのハードルが下がり報告数が増えると共に位置情報によりエビデンスのある正確なデータが蓄積するため、正しい分析を行うことで正しい営業戦略を立てることが可能です

まとめ

cyzenを導入したことにより現れた効果

・報告書が均一化し、データの蓄積ができるようになった
・スマホから現地で簡単に報告できるようになった
・正しいデータが溜まるようになることで、正しいデータ分析が可能に
・迅速なフィードバックが可能になり、営業活動の改善につながった

cyzenで生み出した効果により「報告業務の削減により、残業時間の短縮と直行直帰の実現」「機会損失の減少により、売上の増加」などの成果を上げました。

 

導入事例集ダウンロード

 

Topics: cyzen導入事例, 情報共有, 飲食, 101~500人, 売上アップ, 営業活動の可視化, 残業時間の削減, 効率的な訪問ルート, 直行直帰, 作業品質向上, 卸売り, 経費削減, GPS動態管理, 業務効率化, 食品

新規CTA

ご不明な点はお問い合わせください

0120-61-7799

お問い合わせ