東芝ITサービス、クラウドSFA導入で年間3,000万円の通信費削減に成功!

東芝ITサービス、クラウドSFA導入で年間3,000万円の通信費削減に成功!
東芝ITサービス、クラウドSFA導入で年間3,000万円の通信費削減に成功!
システム導入サポートから保守サービス等、東芝グループのITサービス分野を担う会社として、様々なお客様にITサービスをご提供されています。
URL: https://www.it-serve.co.jp/
cyzen 導入前の課題
・作業開始/終了の工数管理

保守・メンテナンス担当者は、クライアント先での作業開始/終了を都度、本社のオペレーターに電話で連絡し、オペレーターはそれに基づいてワークオーダー毎に手入力で記録するオペレーションが発生していた。

・社内の通話料

作業の開始や終了を都度、電話で報告行うことで、年間で千万円単位もの通話料がかかってしまっている。

 

 

作業開始/終了の管理はチェックイン機能を活用して工数を大幅削減

cyzen導入後、作業開始・終了はcyzenから記録を行い、作業報告書にワークオーダー番号を入力するだけの運用に変更。それにより、オペレーターは電話をかけずともワークオーダーの状況を管理者画面(cyzenのPC画面)から把握できるようになりました。

これにより年間約3,000万円の通信費が削減されると共に、作業遅延をリアルタイムに把握しフォローをするなどサポートも円滑になり、サービスレベルの改善効果もありました。

作業開始/終了の管理はチェックイン機能を活用して工数を大幅削減

保守に集中できる環境が整備され、コミュニケーションコストを顧客への報告に

本部の管理者画面(cyzenのPC画面)をモニタリングするオペレーターは、現場でお客様の製品の対応を担う保守・メンテナンス担当者が「いつ・どこで・なんの作業を行なっているか」確認ができます。
スマートフォンとクラウドを活用することで、従来あったオペレーターからの連絡による「保守作業の中断や割り込み」が無くなるという利点がありました。

オペレーターは、社内の電話が減って、本来の業務であるお客様対応がより丁寧に行えるようになりました。さらにデータベースへのリードタイムが速くなることで、データ分析の精度が向上し、推移やレポート作成がやり易くなりました。

導入事例集ダウンロード事例を見る

 

新規CTA

ご不明な点はお問い合わせください

0120-61-7799

お問い合わせ