全員で現場の状況を共有し合うことで安全意識の向上、自身のスキルアップに繋がる

 humanohya_case


logo_ohya-2-1

 会社名 株式会社大矢運送
 規模 100〜500名
 業務内容 各種移動式クレーン / オペレーター付リース、重量物運搬工事 、敷鉄板リース・運搬・敷設撤去工事 、重機作業計画立案・コンサルティング業務
 URL http://www.human-ohya.co.jp/index.html

 

 

課 題
・クレーンを扱う作業の安全確認状況をリアルタイムに把握し、事故を未然に防ぎたい
・毎日100台以上のクレーンが稼働しているので、作業現場を「見える化」したい
・ベテランから新人へのスキルの移管、教育コストの低減

 

解決策
・(クレーンの)写真付きで報告書をあげる
・cyzenを使って現在地を社内で共有

 

成 果
・リアルタイムに工事状況が共有され、安全意識が向上
・報告書は全員が閲覧できるので、手本となるような作業を心がけるようになった
・過去の報告履歴も確認できるため、自身のスキルアップに繋がった
 
 




 

ゼネコンから請け負っているクレーン工事の現場作業員の方を中心にcyzenを使っていただいております。
今回、大矢運送専務取締役、野辺氏にcyzen導入の背景と成果についてお聞きしました。

大矢運送は、都内トップクラスの重機の保有台数、現場ニーズに応えた機動力、安全で効率的な揚重計画の立案力などを強みに、主に大手建設会社から移動式クレーン揚重工事を請け負う「リーディングカンパニー」です。大矢運送は以前より安全に対する取り組みに注力していますが、安全確認を担当するオペレーターは紙のチェックリストで安全の確認作業を実施していたため、会社および管理者は安全確認業務の状況をリアルタイムで尚かつ見て把握することができませんでした。
このような状況から、大矢運送は「cyzen」の導入を決定し、オペレーターが移動式クレーンを設置する際の安全確認チェック結果報告と現場写真を、作業現場から直接クレーンオペレーターがスマートフォンを使用して実施できる環境を整えました。

また「安否確認」「安全確認」など、オペレーターの安全確認業務の対応状況が全社員・オペレーターのスマートフォンのモニターで即時共有されるため、作業管理者の現場作業の安全把握に要する時間が大幅に短縮されました。

移動式クレーンオペレーター付のリース会社である ㈱大矢運送「HUMAN OHYA」に 位置情報クラウド「cyzen」導入

オペレーターの安全意識が高まっている

移動式クレーンオペレーター付のリース会社である ㈱大矢運送「HUMAN OHYA」に 位置情報クラウド「cyzen」導入大矢運送では、毎日100台以上のクレーン車両が現場作業をしています。
ところが、どのオペレーターが、どの現場でどのような作業をしているのか、また作業の安全確認状況の把握ができないこと、「見える化」が課題でした。

この課題を解決するために、オペレーターの位置情報や安全確認をスマホ機能で把握できるcyzenの導入を決めました。
作業の安全確認状況はcyzenの報告書機能を活用し、特に現場でクレーン設置の際の足元の地盤と養生の確認は常時送られてくる現場写真で行っています。
またcyzenに上がってきた報告は即時に全メンバーに共有されるためオペレーターの安全意識が高まることに役立っています。

 

スマホを使った現場の安全管理の文化

2017年春に実施したオペレーターに向けた「cyzen安全管理システム」のアンケートでは次のような嬉しい声がありました。

「全員が写真を確認出来ることにより、より正しくしなければいけないという意識が高まった。」
「過去の履歴も見ることが出来るため、確認や勉強など自身のスキルアップに繋がっている。」
「全員が見れるため、手本となるセットをしなければと思えるようになった。」

大矢運送では、今後も安全なクレーン作業遂行のためにcyzenを積極的に活用していきます。 大手建設会社はシステム導入のスピードが速いため、大矢運送としてもこの流れに適合しつつ、先を見据えた安全管理活動としてスマートフォンを使った現場の安全管理の文化を建設現場にも浸透させていく、と語ります。

 

実際にお使いいただいている動画

 

導入事例集ダウンロード

Topics: cyzen導入事例, 運輸/配送, 建設/不動産, 100~500人, 作業品質向上, 業務フローのデジタル化

新規CTA

ご不明な点はお問い合わせください

0120-61-7799

お問い合わせ